@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メングス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メングス
Mengs, Anton Raphael
[生]1728.3.22. ボヘミアアウシヒ
[没]1779.6.29. ローマ
ドイツの画家。 1741年にローマに行き,ザクセン侯アウグスト3世のためにラファエロの作品を模写し,44年宮廷画家となった。 55年以降は主としてローマで活躍。ナポリ,マドリードの宮廷でも制作した。 J.J.ウィンケルマン親交があり,古典主義的な作風で,宗教画やパステルによる肖像画を得意とし,同時代の古典主義的風潮のリーダーの一人となった。主要作品はビラ・アルバーニの天井画『パルナッソス』 (1761) 。著書に『絵画の趣味と美についての考察』 Gedanken über die Schönheit und über den Geschmack in der Malerei (62) がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メングス【Anton Raphael Mengs】
1728‐79
ボヘミア生れのドイツの画家。父イスマエルIsmael M.(1688‐1764)はコペンハーゲン出身のユダヤ人の画家で,その厳しい教育は1741‐44年のローマ滞在中まで続き,バチカン美術館で模写を行った。帰国後46年ドレスデンの宮廷画家となるが父と不和になり,カトリックに改宗。52年,最終的にローマに出てウィンケルマンと親交をもち,その古典主義的芸術理論に触れる。ナポリ知遇を得た,後のスペイン国王カルロス3世に招かれ,61‐76年スペインの宮廷画家として,王宮離宮ティエポロらとフレスコ画を競い,多くの肖像を描いて,若いゴヤを含む当時のスペイン画壇に絶大な影響力を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メングス
めんぐす
Anton Raphael Mengs
(1728―1779)

ドイツの画家。ボヘミアのアウシヒに生まれ、ローマで没した。父イスマエルIsmael M.(1688―1764)に絵を学び、1741年ともにローマに赴く。1744~1754年ドレスデンで宮廷画家として活躍、この間1746~1749年再度ローマに滞在。1754年ローマの聖ルカ・アカデミー会長となる。1761~1769年および1773~1774年には、スペイン宮廷の招きでマドリードに滞在する。彼は後期バロックから出発してラファエッロを研究し、またウィンケルマンに傾倒して折衷的な古典主義を創始した。ローマのビラ・アルバーニの天井画『パルナス』はその代表作。スペインではティエポロと壁画の競作があり、若いゴヤとの接触もある。

[野村太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メングス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メングスの関連情報

関連キーワード

見沼通船堀ゴンザ厚生局ジェームズ・クック荻生徂徠クックゴールドスミス虚空鈴慕銭大昕創学校啓

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation