@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メンシェビキ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メンシェビキ
Men'sheviki; Mensheviks
1903年のロシア社会民主労働党第2回大会で組織論をめぐって党内が2分された際,レーニンの率いるボルシェビキと対立した少数派をいう。指導者は L.マルトフ,G.V.プレハーノフら。メンシェビキは後進国ロシアにおけるきたるべき革命をブルジョア革命と規定し,ブルジョアジーをその主導者と位置づけた。これはブルジョアジーとの協調を重視するもので,武装蜂起プロレタリア独裁といった革命方式を否認するという意味で反ボルシェビキの立場である。 12年プラハ会議で両派は正式に絶縁した。メンシェビキは 17年の二月革命以後は臨時政府およびその後の A.F.ケレンスキー内閣を支持したが,十月革命では実権をボルシェビキに奪われ,ボルシェビキに合流したトロツキーら一部を除いて他国へ亡命した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メンシェビキ(〈ロシア〉Men'sheviki)
《少数派の意。「メニシェビキ」とも》ロシア社会民主労働党の右派。マルトフプレハーノフらに率いられ、1903年の第2回党大会でレーニンらのボリシェビキと対立、決別した。ブルジョア民主主義革命を主張し、十月革命後は反革命側に立った。→ボリシェビキ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

めんしぇびき【メンシェビキ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

メンシェビキ
めんしぇびき
Меньшевики/Men'sheviki

ロシア社会民主労働党のなかで、当面する革命をブルジョア革命であると考え、そのために広範な大衆的基盤にたつ幅広い活動家を集めた党の建設を目標としたグループ。メンシェビキは少数派の意で、ボリシェビキ(多数派)と対立した。当初、マルトフ、プレハーノフらを理論的指導者とした。1903年のロシア社会民主労働党第2回大会の党人事問題で、レーニン派と対立したマルトフ派が少数派となったため、のちにメンシェビキとよばれるようになった。ボリシェビキとの対立は、組織問題から綱領、戦術問題にまで及び、1906年の統一党大会でも、「1905年革命」の敗北をプロレタリアートの孤立化に求め、ブルジョア民主主義派との提携を主張している。第一次世界大戦が始まると、戦争に対する態度の問題で、メンシェビキ内は祖国防衛戦争を支持するプレハーノフ派、反戦国際主義を主張するマルトフらの少数派などに分裂した。1917年の二月革命後は、中央派がSR(エスエル)党とともにソビエト内で多数となり、5月には自由主義者との連立に踏み切って、第二次臨時政府に参加したが、同年の十月革命前後には大衆に対する影響力を失った。メンシェビキは十月革命に反対し、その一部はシベリアなどの反ソビエト派政府に参加したが、1921年、メンシェビキの指導するジョージア(グルジア)政府の崩壊により、国内での基盤を喪失した。

[藤本和貴夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メンシェビキ
(Mjen'šjeviki 少数派の意) 一九〇三年、ロシア社会民主労働党の分裂に際して、レーニン派(ボルシェビキ)と対立したマルトフ、プレハーノフの率いる少数派。厳格な党組織を作ることに反対して、個人的活動の自由を主張。ソビエト政権成立後に消滅した。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンシェビキ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メンシェビキの関連情報

関連キーワード

日露戦争史(年表)ドビュッシーマッキム・ミード&ホワイトオブレノビチ家フォト・セセッションプラット修正ボストン・レッドソックスロシア映画キュリー映画館

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation