@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メンデルスゾーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メンデルスゾーン
Mendelssohn(-Bartholdy), (Jakob Ludwig) Felix
[生]1809.2.3. ハンブルク
[没]1847.11.4. ライプチヒ
ドイツの作曲家,指揮者,ピアニスト。哲学者 M.メンデルスゾーンの孫でユダヤ系の富裕な家庭に育ち,1811年に家族とともにベルリンに移住。 18年に同地でピアニストとしてデビューし,21年にはワイマールでゲーテと知合った。 26年に序曲『夏の夜の夢』を作曲,29年には J.S.バッハの死後初めて『マタイ受難曲』を指揮,その後イギリスをはじめヨーロッパ各地を演奏旅行し,33年にはジュッセルドルフ市楽長,35年にはライプチヒのゲバントハウス管弦楽団の指揮者となり,43年に R.シューマンらとともにライプチヒ音楽学校を設立。古典主義的ロマン派の作曲家として名声を博した。主作品は交響曲5曲,演奏会用序曲『フィンガルの洞窟』 (1830) ,ピアノの『無言歌』 (30) ,『バイオリン協奏曲ホ短調』 (44) ,オラトリオ『エリア』 (46) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデルスゾーン
Mendelssohn, Moses
[生]1729.9.26. デッサウ
[没]1786.1.4. ベルリン
ドイツのユダヤ人哲学者。作曲家 F.メンデルスゾーンの祖父。 1754年にレッシングと出会い,生涯の友となった。レッシングの『賢者ナータン』は彼をモデルにしたといわれる。カントとも文通した。ユダヤ人のドイツ市民社会への融合を主張。神学的には理神論に立ち,信仰の自由を説いた。哲学的には,J.ズルツァーと同様に,感情の働きの独立性を認め,のちの J.テーテンスによる精神活動の知情意三分法に先行した。主著『感覚について』 Briefe über die Empfindungen (1755) ,『ファイドン霊魂の不滅について』 Phädon oder über die Unsterblichkeit der Seele (67) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

メンデルスゾーン
19世紀のドイツの作曲家。通称「メンコン」と呼ばれるバイオリン協奏曲や結婚行進曲で知られる劇音楽真夏の夜の夢」などほのかな叙情を漂わせた曲を多く作った。「マタイ受難曲」を演奏するなど指揮者・オルガン奏者としてバッハの復興にも貢献した。1847年
(2009-02-13 朝日新聞 夕刊 ステージ)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

メンデルスゾーン(Felix Mendelssohn)
[1809~1847]ドイツの作曲家。古典的均衡とロマン的色彩の調和した作風で知られる。作品に、交響曲イタリア」、「バイオリン協奏曲」、ピアノ曲集「無言歌」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

メンデルスゾーン
ドイツの作曲家。ベルリンの富裕なユダヤ系の銀行家に生まれた。姉も音楽家となった。フェーリクスは神童ピアニストとしてデビューし、10才で作曲を始めた。旅行もよくし、特にパリでは老年のケルビーニ、オペラ作 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

メンデルスゾーン【Felix Mendelssohn】
1809‐47
ドイツの作曲家。ユダヤ系ドイツ人として,ハンブルクで富裕な銀行家の家に生まれ,1811年ベルリンに移り住んだ。音楽教育は早くから始められ,ゲーテと親しいC.F.ツェルターにも師事した。10歳のときから作曲を始めるが,声楽はバッハやヘンデル器楽ではとくにベートーベンから強い影響を受けた。それゆえ,初期の作品においては,声楽は古いスタイルに従い,器楽ではかなり大胆な試みがなされるという二重の様相を呈している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メンデルスゾーン【Moses Mendelssohn】
1729‐86
ドイツのユダヤ人啓蒙哲学者。デッサウのゲットーに生まれ,少年時にベルリンに出て,苦学力行の末,ユダヤ人として初めてドイツ語で著作し,ヨーロッパで名声を得た。いわゆる〈同化〉ユダヤ知識人第1号である。レッシングの盟友となり,彼の《賢者ナータン》のモデルともなった。ユダヤ人解放の先頭に立ち,ユダヤ人啓蒙のためのドイツ語教育学校を興し,同時にユダヤ伝統文化遺産の継承を重視してヘブライ語復興の〈ハスカラー(啓蒙)〉運動を東欧全域に広め,ユダヤ人近代化とドイツ文化の懸橋役を実践して〈近代ドイツ系ユダヤ人の父〉とも仰がれるが,この〈同化〉開拓の道は毀誉褒貶半ばする運命をたどる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メンデルスゾーン【Mendelssohn】
Felix M. 1809~1847 ドイツの作曲家。の孫。作風は初期ロマン派の中では古典派に近い。作曲のほかに指揮活動も行い、バッハの宗教曲を復活。作品は四曲の交響楽、バイオリン協奏曲、付随音楽「真夏の夜の夢」、「無言歌集」など多数。
Moses M. 1729~1786 ドイツのユダヤ系哲学者。神の存在や霊魂の不滅を理性的に論証することを哲学の課題とする。また、信仰の自由を主張するなど、啓蒙哲学者として活動。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メンデルスゾーン
(Jakob Ludwig Felix Mendelssohn-Bartholdy ヤーコプ=ルートウィヒ=フェリックス━バルトルディ) ドイツの作曲家。幼時から作曲を始めて、ロマン主義的傾向のピアノ小品集「無言歌」や、「真夏の夜の夢」の付随音楽で名声を高め、一九世紀ロマン派の指導者的役割を果たした。代表作「バイオリン協奏曲ホ短調」、交響曲第四番「イタリア」。(一八〇九‐四七

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

メンデルスゾーン
Jakob Ludwig Felix Mendelssohn Bartholdy
1809〜47
ドイツ−ロマン派の作曲家・指揮者
「バイオリン協奏曲」「真夏の夜の夢」のほか,交響曲や室内楽曲に優美な名曲を残した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデルスゾーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メンデルスゾーンの関連情報

関連キーワード

カルル13世ベートーベンマディソンオールコッククーパームラビヨフロッシュ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation