@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メンデル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メンデル
Mendel, Gregor Johann
[生]1822.7.22. ハインツェンドルフ
[没]1884.1.6. ブルノ
オーストリアのアウグスチノ会の司祭,遺伝の基本法則を発見した植物学者。ブルノの修道院に入り (1843) ,司祭となる (47) 。自然科学に興味をもち,独学していたが,ウィーン大学で数学,物理学,生物学などを学ぶ機会を得た (51~53) 。 1856年に修道院の植物園でエンドウの交雑実験を始め,63年まで続け,1万株以上ものエンドウを扱って結果を統計的に調べ,今日メンデルの名を冠して呼ばれる遺伝法則を発見した。 65年,これを,アマチュアの研究者たちによって構成されていたブルノ自然科学協会の例会で発表。翌年,同協会の紀要第4巻に『雑種植物の研究』と題する 45ページの論文にまとめて載せ,別刷りなどを各地の大学,図館書に送ったが,反響はなかった。以前から文通で指導を受けていた K.ネーゲリからも正当には評価してもらえず,1900年に,H.ド・フリース,C.コレンス,E.チェルマックの3人によって,それぞれ独立に再発見されるまで,彼の研究は忘れ去られることになる。彼はその後,実験材料をミヤマコウゾリナに変え,遺伝法則の妥当性を検討するが,この植物では思わしい結果が得られず,また 1868年には修道院長に選ばれ,修道院に対する課税問題をめぐるオーストリア政府との抗争で多忙となったため,交雑実験に専念することはなくなった。彼以前にも,C.ゲルトナー,C.ノーダンらによって植物の交雑実験は行われ,分離の現象も気づかれてはいたが,メンデルの研究は,単一の対立する形質に絞って実験結果を定量的に取扱っている点でそれまでの研究とは異なっており,これが彼を法則の発見に導いたとみられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メンデル(Gregor Johann Mendel)
[1822~1884]オーストリアの生物学者・修道院司祭。1856年からエンドウを材料として遺伝の実験を行い、メンデルの法則を発見し、1865年に論文「植物雑種の実験」として発表。死後の1900年に評価を受けた。晩年は教会課税法に反対して闘った。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メンデル【Gregor Johann Mendel】
1822‐84
オーストリアの修道士で遺伝研究家。ハインツェンドルフ(現,チェコスロバキア領ハインツァイス)生れ。ライプニク(現,リプニック)のピアリスト会学校,トロッパウギムナジウムを経て,オルミュッツ大学哲学学校入学(1840)。修道院に入った翌年(1844)からブリュン神学校聴講生。ズノイモのギムナジウム代用教員(1849),ウィーン大学留学(1851)。ブリュン実科学校教師(1854),修道院長(1868)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メンデル【Gregor Johann Mendel】
1822~1884 オーストリアの植物学者・修道士。修道院の庭でエンドウの人工交配による遺伝実験を行い、「メンデルの法則」を発見、遺伝学の基礎を確立。しかし生前は認められず、1900年の再発見まで埋もれたままであった。著「雑種植物の研究」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メンデル
めんでる
Gregor Johann Mendel
(1822―1884)
オーストリアの修道院僧、生物学者。近代遺伝学の創始者。7月20日モラビア地方の小村ハイツェンドルフの小さな果樹園をもつ貧しい農家に生まれる。苦学しながらオルミュッツ(現、チェコのオロモウツ)の短期大学を卒業し、ブリュン(現、チェコのブルノ)の聖トマス修道院に推薦された。この地方の芸術、科学の中心だったこの修道院で、植物学や数学、物理学への能力が開花し、近くの中学校の代用教員も務めるようになった。聖職者より教師のほうが適しているとみられたメンデルは、周囲の人々の勧めで正教員になるための検定試験を受けたが合格しなかった。メンデルが修道院の庭の一隅を借りて、エンドウの遺伝研究を開始したのは、検定試験に不合格になってからまもなくのことであった。
 このエンドウの研究(1856~1862)は1865年に「植物の雑種に関する実験」と題する論文にまとめられ、ブリュンの自然研究会の席上で発表された。翌1866年その会の紀要に印刷され、各地の大学、研究所に送られたが、その重要性を認める者はなく、発表後35年を経た1900年にようやく、オランダのド・フリース、ドイツのコレンス、オーストリアのチェルマクの3人が、それぞれ独立にこの論文の重要性に気づき世に紹介した。
 メンデルが発見した遺伝法則は、のちに「分離の法則」「優劣の法則」「独立の法則」などにまとめられ、その研究方法とともに、近代遺伝学の出発点となった。
 メンデルの研究が長い間無視された理由には、彼が大学で生物学を専攻した研究者ではなく、一介の修道院僧にすぎなかったことへの偏見もあるが、生物の遺伝形質を全体としてとらえず、個々の単位形質の集まりとしてとらえたり、実験結果の処理に数学的方法を導入するといった斬新(ざんしん)な研究方法が理解されなかったことや、当時の学界がC・ダーウィンの進化論の影響などで遺伝より変異に関心を集めていたことなどがあげられる。メンデルが教えを請うていた当時の植物学界のリーダーの一人、ミュンヘン大学のネーゲリが、自分の変異研究の材料にしていたミヤマコウゾリナに実験対象を変えるようメンデルに指示したことにもそれが表れている。
 メンデルは、交配実験のやりにくいミヤマコウゾリナの研究で目を悪くしたうえ、1868年の選挙で聖トマス修道院の院長に選ばれ、雑用に追われる身となり、遺伝研究を続けることができなくなった。1874年オーストリア議会が修道院からも徴税する法律を制定、彼はその反対闘争に立ち上がり、死ぬまでの10年間はその撤回のための闘いに全精力を傾けた。政府の懐柔策と闘ううちに、周囲からも裏切られ、孤立し、しだいに人を信じない気むずかしい老人となり、1884年1月6日この世を去った。[真船和夫]
『フーゴー・イルチス著、長島礼訳『メンデル伝』(1960・東京創元社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メンデル
(Gregor Johann Mendel グレゴール=ヨハン━) オーストリアの修道司祭、遺伝学者。ブリュン修道院院長。エンドウの交雑に関する実験からメンデルの法則を発見、現代遺伝学の道を開いた。主著「植物雑種の研究」。(一八二二‐八四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メンデルの関連情報

関連キーワード

宇田川榕菴ベートーベングラント治宮ボードインミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation