@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メンフィス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メンフィス
Memphis
アメリカ合衆国,テネシー州西端,ミシシッピ川東岸にある都市。市としてはテネシー州最大の商工業都市,河港都市であり,都市圏としては州都ナッシュビル=ダビッドソンの都市圏に次ぐ人口を抱える。市名は古代エジプトの都市メンフィスにちなむ。1819年入植が始まり,ミシシッピ川の水運鉄道交通の要衝となって,南部諸州のワタ栽培の拡大に伴い市場町として発展。1826年に市となった。南北戦争時は開戦翌年の 1862年6月に北軍に占領された。綿花木材の大規模な集散地で,医薬品,食料品の卸問屋,企業の支店や工場も多く,広い商圏をもつ地方中心都市の性格が強い。食品加工,機械など多様な工業も発達。文教都市でもあり,ローズ大学(1848創立),メンフィス大学(1912創立),テネシー大学健康科学センターなどがある。ブルース誕生の地の一つで,市内のビール通りは,ブルースの父 W.C.ハンディの曲によって有名。ロック音楽の発祥地としても知られ,エルビス・プレスリーなど多数の歌手がここから活躍を始めた。プレスリーの没地でもあり,その邸宅がある。1968年マーチン・ルーサー・キング・ジュニア牧師がこの地で暗殺され,暗殺現場のモーテルは今日では博物館になっている。人口 64万6889(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンフィス
Memphis
エジプト,カイロ南方 20kmにあった古代都市。現ミトラヒナ。前 3100年頃メネス王が上下エジプトを統一したとき,両地の接点であるこの地に都を築いたのが始めとされる。メンフィスの名称は第6王朝ペピ1世のピラミッドの町メン=ネフェル Men-neferに由来。町は最初「白い壁」 (白は王家の色) と称され,プター神がまつられた。第1,2王朝の首都であったかは不明であるが,第3王朝の首都となり,有名な建築家イムホテプのもとに最初の大石造建築が建造され,第4王朝にいたってその栄光は絶頂に達した。墓の浮彫には当時の生活が偲ばれ,出土品には後世エジプトにもみられない優れた技巧の跡がみられる。その後衰退の道をたどったが,第 18王朝の時代に再びエジプト第2の都として栄え,王宮もつくられ,アモン信仰が盛んになるなかで,プター神殿も次々と建立されるとともに,行政,軍事,宗教の中心地として,さらに国際都市としての様相を呈するにいたった。その後,アッシリアのエサルハッドン (前 671) ,アケメネス朝ペルシアのカンビセス2世 (前 525) ,マケドニアのアレクサンドロス3世 (大王) (前 332) によって攻略されたが,プトレマイオス朝時代にはギリシア人の多い国際都市となり,ローマ時代も重要な地方都市として残った。しかしキリスト教が栄えるに及んで神殿は破壊され,町は衰退し,さらにイスラム教徒によって完全に滅ぼされた (640) 。現在は西側台地上にサッカラの大墓地遺跡があるが,都市の遺構そのものはほとんど残っていない。 1908~13年 F.ピートリーによって発掘調査が始められ,その後ペンシルバニア大学調査隊 (1917,1955,1956) ,その他による発掘が進められた。 1979年ギザダハシュールのピラミッド群とともに,世界遺産の文化遺産に登録。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

メンフィス(Memphis)
カイロ南方にあったエジプト古王国の首都。現在名ミット‐ラヒナ。ナイル川左岸に位置し、ピラミッド・王宮の遺跡がある。1979年、「メンフィスとその墓地遺跡 ― ギザからダハシュールまでのピラミッド地帯」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
米国テネシー州南西端部のミシシッピ川に臨む商工業都市。綿花・木材などの世界的取引地。人口、行政区67万(2008)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界遺産情報

メンフィス
メナ王に築かれた古代エジプトの最初の首都で、三大ピラミッドを初めとする諸遺跡、主に墳墓群が散在し、往時の繁栄を存分に伝えてくれます。サッカーラの階段ピラミッドは考古学上最古のピラミッドと考えられ、階段は天に上る階段や王のが太陽神に向かって行けるように作られたと言われています。クフ王の父による赤いピラミッドや傾斜角度が変わっている屈折ピラミッドなど様々なピラミッドに出会えます。また、博物館内にあるラムセス2世の12m程の、ピラミッドの守護神となるスフィンクス像も見所です。

出典:KNT近畿日本ツーリスト(株)

デジタル大辞泉プラス

メンフィス
2002年初演のミュージカル原題《Memphis》。脚本作詞:ジョー・ディピエトロ、作詞・作曲:デヴィッド・ブライアン。1950年代のメンフィスを舞台に、実在した白人のDJデューイ・フィリップスを題材にした作品。2010年に第64回トニー賞(ミュージカル作品賞)を受賞

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンフィス
ビルケンシュトックが販売するカジュアルシューズ。同社のブランド「フットプリンツ」の製品。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メンフィス【Memphis】
アメリカ合衆国テネシー州南西端,ミシシッピ川東岸の商工業都市。人口61万4000(1994。全米18位),大都市域人口103万(1992)。河港都市として栄え,19世紀前半には周辺に綿花プランテーションが営まれ,綿花とともに奴隷の大市場があった。現在も綿花と木材の大集散地で,ハイウェー,鉄道,航空路の重要な結節点。ホテル・チェーンのホリデー・インの本社もある。市人口の48%が黒人系で複雑な人種問題をかかえており,1968年4月4日公民権運動の指導者M.L.キングがJ.E.レイによって暗殺された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

メンフィス【Memphis】
エジプト北部,カイロの南約25km,現在のミート・ラヒーナ村にある古代エジプト初期王朝時代および古王国時代の王都。上・下エジプトの境界に近く,第1王朝の始祖メネスが新都として建設した〈白い壁〉にさかのぼるとされ,ピラミッド時代の首都として繁栄した。中王国時代以降も下エジプト第1州の州都,下エジプト行政の中心地,遠征隊・交易隊の発着基地として政治的・経済的重要性を保ち続けた。宗教的にも市神プタハは〈言葉〉による天地創造(〈メンフィス神学〉)によって特異な地位を占め,工芸の神として広く崇拝された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

メンフィス
(Memphis)
[一] 古代エジプト、古王国時代のノモスの首都。カイロの南方にあり、市の守護神の牛の神プタハの信仰で栄えた。多くのピラミッドが残る。
[二] (ミシシッピ川をナイル川にたとえ、(一)にちなんでつけた名) アメリカ合衆国テネシー州南西端の商工業都市。ミシシッピ川に臨み、綿花の集散地、家具・床板の産地として知られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

メンフィス
Memphis
カイロの南にあった古代エジプトの都市
メネスによって建設されたと伝えられ,古王国時代の首都として栄えた。現在の名称はミート−ラヒナー(Mit Rahina)。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンフィス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メンフィスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation