@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

メーラー

パソコンで困ったときに開く本

メーラー
メールソフトの別名です。「メールするための道具」といった意味合いです。電子メールを送受信する以外に、メールを書いたり読んだりする機能、メールアドレスを登録しておく機能なども備わっているのが普通です。

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

メーラー(Norman Mailer)
[1923~2007]米国小説家太平洋戦争従軍体験をもとにした「裸者と死者」以降、米国文明社会の諸問題をさまざまな角度から描く。ほかに「鹿の園」「アメリカの夢」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メーラー(mailer)
メールソフト」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

メーラー【Norman Mailer】
1923‐
アメリカの作家。ユダヤ移民を父として,ニュージャージー州ロング・ブランチに生まれ,ニューヨークブルックリンに育ち,1943年,ハーバード大学卒業。翌年太平洋戦争に従軍,48年に屈指戦争文学裸者と死者》を世に問い,現代アメリカ小説の旗手としての地位を確立した。以後,《バーバリーの岸辺》(1951),《鹿の園》(1955),《アメリカの夢》(1965),《なぜぼくらはベトナムへ行くのか》(1967)を書いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

メーラー【mailer】
電子メールを送受信したり、管理するためのアプリケーションソフトウエア。狭義にはメールの送受信を行うサーバーに対する、クライアントソフトウエアのこと。メールソフトとも。 → 電子メール

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メーラー【Norman Kingsley Mailer】
1923~2007 アメリカの小説家。第二次大戦を題材とした「裸者と死者」以後、エッセー・ルポルタージュを含め一貫して社会批判的な作品の発表を続ける。ほかに「アメリカの夢」「夜の軍隊」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

メーラー
Mailer, Norman Kingsley
[生]1923.1.31. ニュージャージー,ロングブランチ
[没]2007.11.10. ニューヨーク,ニューヨーク
アメリカ合衆国の小説家,ジャーナリスト。ハーバード大学で航空工学を学び,1943年卒業。その後,太平洋戦争に従軍,この体験をもとにした『裸者と死者』 The Naked and the Dead (1948) で一躍注目を浴びた。続いて寓話風の政治小説『バーバリーの岸辺』 Barbary Shore (1951) ,ハリウッドの内幕を描いた『鹿の園』 The Deer Park (1955,劇化され 1967初演) ,長編エッセー『白い黒人』 The White Negro (1957) を発表。 1960年代には人種問題やベトナム戦争に関心を示し,小説『なぜぼくらはベトナムに行くのか』 Why Are We in Vietnam? (1967) ,ワシントン反戦デモ参加の記録『夜の軍隊』 The Armies of the Night (1968,ピュリッツァー賞,全米図書賞) を発表した。ほかに,小説『アメリカの夢』 An American Dream (1965) ,『死刑執行人の歌』 The Executioner's Song (1979,ピュリッツァー賞) ,『聖書物語』 The Gospel According to the son (1997) ,ノンフィクションの『なぜわれわれは戦争をしているのか』 Why Are We at War? (2003) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メーラー
Möhler, Johann Adam
[生]1796.5.6. バーデンビュルテンブルク,イーゲルスハイム
[没]1838.4.12. ミュンヘン
ドイツのローマ・カトリック神学者。テュービンゲン大学に学び,1828年同校教授。プロテスタント神学に対し,ローマ・カトリック教義の擁護論として,"Symbolik"を表わす (1832) 。この著作が物議をかもしたため,35年ミュンヘン大学に移った。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

メーラー
めーらー
mailer
電子メールの送受信を行うアプリケーション・ソフトウェアの総称。メールソフト、メールクライアント、メールアプリケーションなどともよばれる。メール作成のほかにアドレス帳や受信メールの振り分けや検索、アカウントの切り替えなど、多様な機能をもつものが多い。代表的なメーラーとして、マイクロソフトの「アウトルックエクスプレスOutlook Express」、「ウィンドウズライブメールWindows Live Mail」、モジラMozillaの「サンダーバードThunderbird」などがある。
 なお、Gmail(ジーメール)などのWebメールは、メールのやりとりにウェブブラウザを使うためメーラーは不要である。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

メーラー
(Norman Mailer ノーマン━) 米国の小説家。太平洋戦争従軍体験をもとにした「裸者と死者」以降、米国文明社会の諸問題をさまざまな角度から描く。ほかに「鹿の園」「アメリカの夢」など。(一九二三‐

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

メーラー【mailer】
電子メールソフト。◇「メーラ」ともいう。⇒電子メールソフト

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メーラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

メーラーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation