@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モエシア

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モエシア
Moesia
ローマ帝国の属州の一つ。ドナウ川下流南部からバルカン山脈にいたる地域で,現在のルーマニアブルガリアにあたる。前 30年頃ローマ領となり属州マケドニアに加えられたが,のち単独の属州となり,86年頃ドミチアヌス帝によって2つに分けられた (上・下モエシア) 。トラヤヌス帝の遠征後その範囲もドナウ川の北方へ拡大し,5つの軍団がおかれた。黒海沿岸の穀物,果物,バルカン山地の鉱石などをローマに供給して繁栄。住民はギリシア的要素が強かった。3世紀のなかば以後蛮族の侵入を受けたが,7世紀まではローマ領 (5世紀初め頃よりビザンチン帝国領) であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モエシア【Moesia】
ドナウ川下流の南岸,今日のセルビア地方(ユーゴスラビア),ブルガリア北部,ドブロジャ地方(ルーマニア)に相当する地域に位置したローマ帝国属州の名。前29年,トラキア系を主とする原住諸族がローマ軍に敗れてその支配下に入り,後44年ころまでにはコンスル級総督をもつ皇帝管轄属州としての編制が整った。ドミティアヌス帝治下に上・下モエシア州に分かれ,ディオクレティアヌス帝により,あらためて5州に分割された。辺境属州ゆえに強力なローマ軍団が常駐し,その軍営地はローマ化の拠点となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モエシア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モエシアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation