@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モクセイ(木犀)【モクセイ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モクセイ(木犀)
モクセイ
Osmanthus fragrans
モクセイ科の常緑小高木で,ギンモクセイともいう。中国の原産で古くから観賞用に植えられた。幹は3~4mでよく分枝する。葉は有柄で対生し,楕円形で先はとがり,細かい鋸歯がある。 10月頃に,白色の小さい花を集散状に生し,芳香がある。は緑色で小さく,4裂する。花弁は径 5mmほどの筒形で深く4裂しやや厚みがある。雌雄異株で,日本にあるものはほとんどが雄株で結実しない。花が橙黄色で葉はやや細く鋸歯の少い変種のキンモクセイ O. fragrans var. aurantiacusは,やはり中国の原産で日本で庭木としてよく植えられ,関東地方などではむしろこのほうが普通である。これらを含めた総称としてモクセイの名が使われることも多い。花から香料をとり,干した花はマツリカ (茉莉花)などと同様にウーロン茶の香りづけ用に,材は堅いので細工物に使われる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モクセイ【モクセイ(木犀) Osmanthus fragrans Lour.】
中国原産のモクセイ科の常緑小高木。庭園木として秋に開花し芳香を放つ。花色に変異がある。中国名は木犀花。高さ3~6mとなり,幹が何本にも分かれて楕円状の樹形をなす。樹皮は灰褐色。葉は対生し,葉身は革質で深緑色,長楕円形で長さ8~15cm,先は急にとがり,縁に粗い細鋸歯がある。雌雄異株で,9~10月,葉腋(ようえき)に短い柄で散形状に花を束生する。花は径約5mm,萼は4浅裂,花冠は4深裂し,短い花筒の口に雄花では2本のおしべ,雌花では1本のめしべと2本のおしべがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モクセイ(木犀)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モクセイ(木犀)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation