@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モケット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モケット
moquette
毛織物 (パイル ) の一種綿糸や化繊を地糸とし,羊毛糸や化繊糸をパイル糸として用い,添毛組織に織り,表面に長い毳 (けば) 糸を植えてビロード風にしたもの。椅子張りや,電車の座席張りなどに用いる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モケット(moquette)
梳毛糸(そもうし)を用いて表面にけばを密に直立させた織物。また、それに似た合繊の織物。椅子(いす)張りなどに用いる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モケット【moquette】
パイル織の一種。地組織には経緯糸とも綿糸または化学繊維を用い,添毛用の糸にはおもに光沢のあるモヘアやイギリス種の羊毛または梳毛糸(そもうし),絹糸,ナイロン糸,アクリル糸を用いた経パイル織物で,パイルを密に短く直立させた表面が特徴をなす。椅子張り地,乗物の座席張り地,家具カバー地としておもに使用される。なお,フランスでは,敷込用のカーペットをモケットと呼んでいる。【山崎 宗城】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モケット
もけっと
moquette

経(たて)パイル織物(添毛織物)の一種で、織物表面に立毛を有する高級な椅子生地(いすきじ)や、車両の座席用の生地。その織物の地織は、経緯(たてよこ)ともに綿糸を使い強固に織り上げ、表面に出るパイル糸には上等な梳毛(そもう)糸を使うことが多い。経パイルを立毛するには凹型の細金棒を織り込み、その凹型溝に沿ってカッティングすると立毛する。またパイル糸の毛足の長いものをブラッシュといい、上等なモヘア糸を使ったものをテレンプという。

[並木 覚]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モケット
〘名〙 (moquette) けばのあるパイル織りの毛織物。多く、椅子や乗物の座席に張る。
※父の詫び状(1978)〈向田邦子〉お八つの時間「モケット張りの椅子も」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モケット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モケットの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation