@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モサデク

デジタル大辞泉

モサデク(Muhammad Mosaddeq)
[1880~1967]イランの政治家。1951年から首相。国内近代化を推進、アングロ‐イラニアン石油会社の国有化を強行した。1953年、国王派軍人のクーデター失脚

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モサデク
もさでく
Muhammad Mosaddeq
(1880―1967)
イランの民族主義政治家。カージャール朝の大臣を父、皇女を母として大地主の家に生まれる。フランス、スイスに留学後、1914年イラン南部の州知事に任命され、1923年議員に選出されたが、パフラビー朝(1925~1979)を興したレザー・シャーの独裁を批判し、1951~1953年の石油国有化運動ではパーレビ(パフラビー)国王と鋭く対立した。1951年首相就任後、イギリスの国策会社アングロ・イラニアン石油Anglo-Iranian Oil Co.(ブリティッシュ・ペトロリアムの前身)の諸施設を接収した。しかし、接収後のイラン国営石油会社National Iranian Oil Co.(略称NIOC)はイギリス、アメリカにより国際市場から排除され、石油収入は急減した。経済危機のなかで、モサデクの指導する国民戦線から宗教勢力(カーシャーニー派)が離反し、アメリカも反モサデク・クーデター(1953年8月)を通じてパーレビ国王を支持した。逮捕されたモサデクは3年の実刑終了後も、1967年死亡するまで所有する村に軟禁された。イラン独立の追求、外国の支配する石油産業への挑戦などが、モサデクを国民的英雄としてきたが、イラン革命後の彼への評価は革命直後を除き、高くない。[加納弘勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モサデク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モサデクの関連情報

関連キーワード

ゴダール(Jean-Luc Godard)新藤兼人野村芳太郎紙幣整理チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)森一生[各個指定]芸能部門コーマン二川幸夫増村保造

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation