@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モザイク病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑

モザイク病(トウモロコシ)
トウモロコシの最も重要なウイルス病。初め葉身に葉脈に沿った黄色の条斑からなるモザイクができるが、激発すると株全体が大幅に萎縮する。病原ウイルスは5月頃から発生するアブラムシにより伝搬される。病原ウイルスScMVはサトウキビ系統を判別品種として10以上のストレインに分けられている。わが国ではScMV-B系統が発生している。また、メヒシバ、アワ類などにも同じウイルスが寄生しており、伝染源となることが明らかになっている。2003年には種子伝染性MDMVによるモザイク病が発生した。

出典:畜産草地研究所

モザイク病(トウモロコシ)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モザイク病(トウモロコシ)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation