@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モスリン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モスリン
muslin
梳毛 (そもう) 糸を平織,斜文織にした柔らかい薄地の毛織物。もとイラク北西部のモースル (マウシル) で製織された薄い平織綿織物であったが,のちにフランス,イギリスなどで羊毛糸を使った平織物モスリンと呼ぶようになった。これが明治初期に日本に輸入され,一般にメリンス唐縮緬 (ちりめん) といわれ,和服地として普及。明治末期に国産化され,日本の毛織物として輸出,さらに綿糸で織った新モス (綿モス) や,スフモス,化繊モスなども生産され輸出されたが,在は生産されていない。白地無地のほか,友禅染捺染模様などが多く,従来は女性,子供のきもの,帯,下着として盛んに用いられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モスリン【muslin】
JIS繊維用語では〈たて,よこ糸に紡績単糸を使用した平,または斜文織の柔軟な織物〉と説明されているが,代表的なものは細い梳毛(そもう)単糸を平織にした柔らかい薄地の毛織物である。〈モスリン〉の語源はイラクの都市モースルに由来し,この地で織られた薄地の綿織物にモスリンの名が付された。インドとくにダッカ(現,バングラデシュ)のモスリンは,金銀糸を用いたきらびやかな薄地綿織物で,ヨーロッパで高く評価され多量に輸出されたが,産業革命期のイギリスはランカシャーの綿工業を保護するためダッカの織工を抑圧し,インドの在来綿業を壊滅させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モスリン
もすりん
muslin

元来、木綿の薄手のものをいうが、日本ではメリンスとか唐縮緬(とうちりめん)、また略して「とうち」などともいわれた薄い毛織物で、おもに女性の衣料として用いられた。明治初期、イギリスから生地(きじ)が輸入され、まもなく、これに友禅染めを施したものが普及した。その後1897年(明治30)ごろから日本でも生地の製織が行われ、着尺(きじゃく)、帯地、下着、ふとんなどの用に供された。綿製の綿モス、新モスなどもあった。一時はネルやセルなどとともに女性の普段着としてかなり広い需要層をもっていたが、虫のつきやすいことなどから、しだいに用いられることが少なくなり、今日ではほとんどみられなくなった。

[山辺知行]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モスリン
〘名〙 (muslin, mousseline) 毛織物の一つ。梳毛糸で平織りにした薄地で柔らかい風合のもの。また、それを模した布地。特に、綿糸で織られたものは綿モスリンという。唐縮緬(とうちりめん)。メリンス。モス。
※中外商業新報‐明治三三年(1900)一一月一〇日「印度に於ては昨今モスリンの需要漸次増加し」
[語誌]もともとはメソポタミアのモスル(Mosul)で織りだされた布地で、それを模してフランスやイギリスで織りだした毛織物。幕末、明治時代に輸入され、和服用として需要が拡大、国産化され、国外にも輸出されるようになった。はじめメリンスと呼ばれたが、明治時代後半からモスリンと呼ばれるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モスリン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モスリンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation