@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モスル

デジタル大辞泉

モスル(Mosul)
イラク北部の商業都市チグリス川南岸にある。古くから隊商交易路の要衝で、羊毛農産物の集産地として繁栄中世以降は織物の生産地として知られた。人口、行政区280万(2009)。アルマウシル

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

モスル
2014年6月、ISの前身組織が制圧し、「国家」樹立を宣言。最高指導者アブバクル・バグダディ容疑者がここで預言者ムハンマドの後継者を意味する「カリフ」を名乗り、世界中から信奉者が集まってISの最重要拠点になった。イラク軍などは16年10月から解放作戦を始め、17年7月10日に解放。IS侵攻前の人口は約195万人。国際移住機関によると、約126万人がモスルを逃れて国内避難民になり、約86万人が帰還した。
(2018-07-10 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

大辞林 第三版

モスル【Mosul】
イラク北部、チグリス川上流西岸の都市。小麦・皮革・羊毛などの集散地。毛織物モスリンの語源とされる。付近に油田がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モスル
もする
Mosul
イラク北部の都市で、ニナワ(ニネベ)州Ninawa(Nineveh)の州都。正式にはアル・マウシルAl-Mawsilという。人口66万4221(1987センサス)、179万1600(2003推計)。ティグリス川の右岸、クルディスターン山地の南麓(なんろく)に位置し、年降水量は400ミリメートルと比較的多い。北部イラクの経済の中心地で、周辺の豊かな農牧地帯で産する小麦、大麦、ゴマ、キビ類、リンゴ、オレンジ、家畜などが集散される。モスリンの名で知られる優れた綿布の生産はいまは廃れてしまったが、皮革、ナイロン、製糖、セメントなどの工業が発達している。1939年北郊のアインザーラで油田が発見されて以来、油田採掘の基地として、また北部の工業化の拠点として著しい発展をみせた。交通の要衝でもあり、南のバグダードから通じる鉄道は、北西のシリア、トルコへと延びている。住民はアラブ人が多数を占めるが、クルド人の割合も多い。
 アッシリア帝国の都であったニネベの遺跡がティグリス川の対岸にあり、この地域一帯は古代オリエント文明発祥の地として古い歴史をもつ。モスルは、シリアとイランを結ぶ隊商路とティグリス水運の交差点にあり、古くから商業都市として栄えた。7~8世紀ウマイヤ朝下で州都となって最盛期を迎え、10~11世紀には地方王朝の都とされた。しかし13世紀にはモンゴルが侵入し、16世紀以降はトルコに支配され、東西交渉ルートも海路に移り衰退した。第一次世界大戦後、トルコから返還され、イラク北部の中心都市として再生した。[原 隆一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モスル
(Mosul) イラク北部、チグリス川上流の西岸にある商工業都市。バグダード鉄道に沿い、北部イラクの羊毛・農産物の集散地。中世から織物業が盛んで、モスリンの名称の起源となった。近年は油田基地として発展。アラビア語名アル‐マウシル。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モスル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モスルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation