@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モデュール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モデュール
module
建築用語。建築の各部分を一定の寸法体系で整える場合の基準寸法。古代ヨーロッパにおいて,人間の肢体の部分の長さをもとに定めた,計測の基準単位をモデュルスと呼んだことに由来する。古来ギリシア建築,ローマ建築,さらにはルネサンス建築などにおいて用いられたオーダーや,日本の木割など,なんらかの形でモデュールは存在してきたが,第1次世界大戦中,アメリカの A.ベミスが主張し,今日ではそれぞれの建築家によってさまざまなものに用いられている。特にル・コルビュジエ黄金比をもとに定めたモデュロールの体系は有名である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

モデュール
建築を設計する際に用いられる基準寸法。時代や地域によって異なり、その意味では日本の伝統建築で長らく用いられてきた一間(いつけん)や三尺もモデュールの一種だが、最も一般的には、底面半径を建物全体の基準に見立てた西洋の古代建築における基準寸法のことを指す。ル・コルビュジエは、この古くからあったモデュールを、黄金分割発想を取り入れたモデュロール(Modulor:orは金を意味するフランス語)として再構成し、成人男子の理想身長を182.9cmに見立てるなど、具体的な数値図解によって機能主義建築の必要性を力説、「住むための機械」としての住宅設計に大いに活用した。その強い影響を、日本人の体格に合わせた日本型モデュロールを提唱し、新東京都庁舎の設計に当たってそれを基準寸法として採用した丹下健三にもうかがうことができる。
(暮沢剛巳 建築評論家 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

リフォーム用語集

モデュール
建築生産面での基準寸法または基準寸法の組み合わせによる寸法体系。柱の芯々寸法を3尺(91cm)とする「3尺モジュール」、廊下や階段巾などにゆとりをもたせた、芯々1mを基準寸法とする「メーターモジュール」などがある。

出典:リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モデュール【module】
モジュールともいう。測定単位あるいは機能単位を示す用語として多くの技術分野で用いられている。古い用語としてギリシア,ローマの石造建築の比例を定めるために用いられた〈モドゥルス〉があり,ローマ時代にウィトルウィウスによって著された《建築十書》には,円柱基部の直径を1モドゥルス,すなわち寸法の基本単位として,柱の高さや柱間など神殿各部の寸法を導く方法が詳述されている。現代の建築モデュールもやはり寸法の単位であるが,比例のためというよりもむしろ量産構成材のための寸法規格という意味合いが強い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

家とインテリアの用語がわかる辞典

モデュール【module】
モジュール。⇒モジュール

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モデュール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モデュールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation