@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モナルキアニズム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モナルキアニズム
monarchianism
2世紀末~3世紀における,三位一体に関するキリスト教の異端説。子なるイエスの位格 (→ペルソナ ) の神性を否定し,父なる神の位格にのみ神性を認めた。次の2種がある。 (1) 力本説的 キリストはただの人で,神の力に満たされたがゆえに神の子になったとする。大テオドトゥス,サモサタパウルスが主唱者。 (2) 様態論的 「父」と「子」とは,同一の神の別称にすぎず,「父」自身がキリストとなって受難したとする。プラクセアスが説き,テルトゥリアヌスがこれを反駁したが,のちにスミルナのノエトゥスの弟子たちによって支持された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モナルキアニズム【Monarchianism】
古代キリスト教会の三位一体論のうちに現れた異端説の一つ。〈独裁神論〉または〈単一神論〉と訳す。ギリシア語monarchiaは独裁君主政体をいい,神の単一性と独裁を主張して,イエスは永遠の〈神の子〉ではなく,神に従属しその主権の下にあるとみなし,ロゴスの受肉もみとめない考え。最初はグノーシス主義をしりぞけて一神教を擁護する意図で主張されていたが,のちにアンティオキア学派では,イエスは元来〈神の子〉ではなかったが,神のデュナミス(力,霊)をうけて神の養子となったのだという〈養子説〉が主張された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モナルキアニズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モナルキアニズムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation