@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モニュメント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モニュメント
monument
政治的,社会的,文化的な事件人物を公共的,永久的に記念するために造られる工作物あるいは建造物。また文化財関係の用語としては,遺跡敷地に対して,地上に立つすべての建造物,記念物を含めてモニュメントという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モニュメント(monument)
記念建造物。記念碑・記念像など。
遺跡。
不朽の業績金字塔

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もにゅめんと【モニュメント】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モニュメント【monument】
ある事件・人物などの記念として建てられる建造物。記念碑・記念像など。
一時期を画するような作品や業績。 古代史研究の一大-といえる論文

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モニュメント
もにゅめんと
monument 英語 フランス語
Monumentドイツ語
公共的な記念の目的から、特定の人物や事件などを長く後世に伝えるために設立される建造物の総称。凱旋(がいせん)門、記念碑、記念塔、記念像(いわゆる銅像)、霊廟(れいびょう)、墓碑像などのほか、歴史的・文化的建造物までを含めていう場合もある。モニュメントには、相当の大きさ、目だつような高さ、品位、耐久性などのモニュメンタリティ(記念性)が要求される。古代近東諸国や古代エジプト以来、宗教的儀軌と深いかかわりをもって数多く建造されており、現在に伝わる作品には、美術史上の重要な遺品になっているものが多い。形容詞形「モニュメンタル」monumentalは、規模が大きく、堂々とした造形作品の形容に用いられ、作品評価の重要な要素である。[濱谷勝也]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モニュメント
〘名〙 (monument)
① 人、事件などを記念して建てられる建造物。記念碑、記念像など。
※大策士(1897)〈福地桜痴〉五「頌徳碑(モニュメント)
② 遺跡。遺物。〔万国新語大辞典(1935)〕
③ 記録的な事件・業績。後世に残る不朽の功績・仕事・作品など。
※西田先生の教えを仰ぐ(1930)〈田辺元〉序「日本人の哲学的思索の高さと深さとを示す一の巨大なるモニュメントたることは」
④ 境界標。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モニュメント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モニュメントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation