@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モノフォニー

デジタル大辞泉

モノフォニー(monophony)
一つの旋律線のみからなる音楽グレゴリオ聖歌など。単音楽。→ホモフォニーポリフォニー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モノフォニー【monophony】
古代ギリシア語のmonos(単一の)とphōnē(音)の合成語で,ポリフォニーホモフォニーヘテロフォニーなどの多声性の音楽に対して,純粋に単旋律の音楽,またはそのような様式を指す。古代ギリシアの音楽,中世の単旋律聖歌(グレゴリオ聖歌など)や世俗歌曲(トルバドゥール,トルベール,ミンネゼンガーの歌),ルネサンスコラールマイスタージンガーの音楽,各国の単旋律民謡などがこれに含まれる。またポリフォニーやホモフォニーの音楽のなかでモノフォニー風の部分が効果的に現れることもあり,逆に単旋律の音楽でもポリフォニー的あるいはホモフォニー的構造を示すことができる(J.S.バッハの無伴奏バイオリン曲やチェロ曲など)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モノフォニー【monophony】
ただ一つの声部からなる音楽。単旋律音楽。単声部音楽。単音楽。 → ポリフォニーホモフォニー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モノフォニー
ものふぉにー
monophony英語
Monophonieドイツ語
音楽においてテクスチュア(音構成原理)を形成する方式の一つで単旋律を主眼とする。現象としては多声であっても、ユニゾンやオクターブ平行を同音とみなす音楽慣習によっていれば、意識としてのモノフォニーとみなされる。この種の重音モノフォニーは、音の垂直面を重視した音構成原理ホモフォニーの一種とみなされることもある。単旋律を表面に打ち出すのが特徴で、歌詞が聞き取りやすく、諸民族の民謡、ヨーロッパ中世の宗教歌曲や世俗歌曲で典型的にみられる。[山口 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モノフォニー
〘名〙 (monophony) 古代ギリシアの音楽やグレゴリオ聖歌などにみられる、単旋律の音楽およびその様式。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モノフォニー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モノフォニーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation