@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モノリシック集積回路【モノリシックしゅうせきかいろ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モノリシック集積回路
モノリシックしゅうせきかいろ
monolithic integrated circuit
mono (1つの) ,lithic (石の) が示すように,1枚の基板の上,もしくは内に,トランジスタ,ダイオード,抵抗および容量をつくりつけ,配線した集積回路。基板内に素子をつくりつける場合,基板は半導体であり,現在用いられているものはほとんどがシリコンである。これは,大きい (直径 10cm以上) 無転位欠陥の単結晶が容易に作製でき,また二酸化シリコン SiO2 という絶好の絶縁物が得られることなどによる。エピタキシャル成長,不純物の拡散,CVD,シリコン酸化,ホトエッチング,金属蒸着などの技術を用いて,基板の片側表面から素子を段階的につくりつける。集積度を上げやすく,LSI,超 LSIなどはシリコンを用いたモノリシック集積回路である。コンピュータの演算素子,内部記憶素子などのほとんどがモノリシック集積回路である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モノリシック‐しゅうせきかいろ〔‐シフセキクワイロ〕【モノリシック集積回路】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モノリシック集積回路」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モノリシック集積回路の関連情報

関連キーワード

リン酸水素カルシウムサブグレイワッケ石質砂岩石質砂質岩長石質グレイワッケ長石質リスアレナイト石質凝灰岩青銅器時代ハロートレーニング

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation