@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モミジガイ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モミジガイ
Astropecten scoparius
棘皮動物門ヒトデ綱顕帯目アストロペクテン科。長 8.5cm内外の5本の腕をもち背面は淡青色あるいは淡褐色を呈する。各腕の周縁にはっきりした縁板が密に並んでいる。管足に吸盤がなく,砂中の小動物を食べる。日本各地の浅海の砂底に普通にみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モミジガイ
もみじがい / 紅葉貝
[学]Astropecten scoparius
棘皮(きょくひ)動物門ヒトデ綱モミジガイ科に属する海産動物。もみじの葉または星のバッジのような形のヒトデ。腕長4~6センチメートル。腕の側面は敷石のように規則正しく並んだ四角形の小板で縁どられる。背面は青灰色または淡褐色で、腹面は淡黄色。浅海の砂泥中に群生し、砂泥中の小動物を摂食する。産卵期は6月。北海道南西部から九州沿岸まで分布する。本種と同様の分布を示す近縁種に、腕が短くて幅広いヒラモミジガイA. latespinosusと、腕の側面に鋭い棘(とげ)をもつトゲモミジガイA. polyacanthusがある。沖縄産のカスリモミジガイArchaster typicusは、繁殖期になると雄が雌の上にのりかかるという変わった習性をもつ。[重井陸夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モミジガイ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モミジガイの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation