@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モモ(桃)【モモ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モモ(桃)
モモ
Prunus persica; peach
バラ科の落葉低木または小高木。中国原産で,古くから日本各地に観賞用や果樹として広く栽培されている。は高さ 3mぐらいになり,葉は互生し長さ 10cmあまりの長披針形で縁に鋸歯がある。3~4月に,葉と同時かやや先立って短柄のある花を葉腋に単生する。には軟毛があり,5枚の花弁は淡紅色で水平に開く。果実初夏に熟し多汁で美味。水蜜,白桃,天津桃など品種が多いが,分類学上は果実に毛があるものをすべてモモに含み,毛のないものはネクタリン P. persica var. nectarinaという。果実を食用とするほか,種子は漢方で咳止め,葉は桃葉湯としてあせもの薬とし,白い花を干したものは下剤として用いられる。生花は桃の節句の花として知られる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モモ【モモ(桃) peach】
バラ科モモ亜属の落葉果樹。中国や日本で古くから栽培され多くの品種が分化している。またハナモモは花木としても重要なものである。中国の黄河上流,陝西・甘粛の両省にまたがる高原地帯(標高1200~2000m)の原産。中国から各地に伝わって変種を生じた。高さ3~8mほどの小高木で,葉は広披針形から長楕円形である。花は前年枝の葉腋(ようえき)に通常単生し,桃紅色で,葉の展開よりも先に開花し美しい。果実は野生型では径3cmほどしかないが,栽培品種は,はるかに大型で,多汁となる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

モモ(桃)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モモ(桃)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation