@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モヨウフグ【もようふぐ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モヨウフグ
もようふぐ / 模様河豚
[学]Arothron stellatus
硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地沿岸と太平洋、インド洋の熱帯域に広く分布する。体は長卵形で皮膚に小棘(しょうきょく)を密布する。幼魚と成魚では色彩が著しく異なる。幼魚の背側は褐色で多数の小黒点があり、腹側は淡色の地に不規則な暗褐色線が多数走る。成魚では白色の地に多数の小黒点が体全面にある。体長50センチメートルに達する。卵巣に猛毒があり、皮膚にも毒がある。本州沿岸では幼魚がみられるが、琉球(りゅうきゅう)諸島では成魚も普通にみることができる。食用としていなかったが、最近は琉球諸島から本土へ食用として出荷している。[松浦啓一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モヨウフグ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モヨウフグの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation