@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モラレス(Luis de Morales)【もられす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モラレス(Luis de Morales)
もられす
Luis de Morales
(1515/1520―1586)

スペインのマニエリスムの画家。南西部のバダホスに生まれ、同地に没。生涯と作品に関しては不明な点が多い。孤高の宗教画家であるが、彼がフランドル絵画とイタリア絵画に通じているところから、その画業はポルトガルもしくはセビーリャで形成されたと思われる。イタリア滞在説もあるが、ミケランジェロやレオナルド・ダ・ビンチに学んだことは確かで、初期のマニエリスト、ベッカフーミらとの共通性もある。彼は各地の教会に数多くの祭壇衝立(ついたて)画を描いたが、その中心的主題は「聖母子像」「ピエタ」「エッケ・ホモ」などのキリスト受難図で、とくに後の二つの主題に関してはスペインにおける図像決定者の一人とされる。また人体の長身化において、スペインではエル・グレコを先駆する。彼の作品を支える精神は中世的なもので、その深い宗教性ゆえに「聖なるモラレス」Morales “El Divino”と通称される。

[神吉敬三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モラレス(Luis de Morales)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モラレス(Luis de Morales)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation