@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モリアオガエル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モリアオガエル
Rhacophorus arboreus
カエル目アオガエル科。体長は雄 6cm,雌 8cm内外。背面は緑色あるいは暗緑色で,赤褐色,暗褐色などの斑紋が散在する個体もある。吻端はやや丸い。眼の後方にある鼓膜はほぼ円形で小さく,眼径の約 2分の1である。前後肢とも蹼(みずかき)があり,指先は吸盤になっている。6~7月頃,水辺に出た木の枝や葉,草の上などに白色の泡状卵塊を産みつける。1卵塊中の卵数は 300~500個で,直径約 3mm。本州佐渡島四国地方九州地方に分布する。(→アオガエル

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モリアオガエル
もりあおがえる / 森青蛙
[学] Rhacophorus arboreus

両生綱無尾目アオガエル科のカエル。日本の固有種である。本州のほとんどすべての都府県に分布するが、四国、九州に確実な産地は知られていない。低地にもいるが、多くは山間部に生息する。背面はほぼ一様に暗緑色、腹面は灰白色。背面に不規則な小赤褐斑(はん)、腹面に小暗斑を散布することがある。指趾(しし)端は膨大して吸盤となり、樹上生活をする。シュレーゲルアオガエルに似るが、大形であること、背面の緑色が濃いこと、虹彩(こうさい)が赤みを帯びることで区別できる。体長は雌で6~9センチメートル、雄で5~7センチメートル。4~6月に池、沼、水田などの水上に張り出した枝や葉の間に産卵するが、水辺に産卵することもある。1匹の雌に数匹の雄が抱接することが多く、産卵と同時に後肢でゼリーをかき混ぜるため、卵塊は白い泡状となる。卵は黄白色で径約3ミリメートル、卵数300~500個。卵塊の表面はやがて黄褐色となり、硬化する。胚(はい)の発生が進むと内部は液化し、オタマジャクシは下の水面へ落下する。夏の終わりごろに変態し、冬には地中で越冬する。岩手県大揚(おおあげ)沼と福島県平伏(へぶせ)沼のモリアオガエルが国の天然記念物に指定されているほか、県指定の天然記念物も多い。

[倉本 満]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリアオガエル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モリアオガエルの関連情報

関連キーワード

タニシソデガイ二眼レフカメラ二丁掛タイル海膨土馬ナンキンハゼ(南京黄櫨)ヒルガオ(昼顔)ウバメガシ(姥芽樫)アオガエル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation