@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モリブデン酸アンモニウム【モリブデンさんアンモニウム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モリブデン酸アンモニウム
モリブデンさんアンモニウム
ammonium molybdate
種々の組成をもつものが存在するが,普通分析に使う結晶はパラ酸塩 (NH4)6[Mo7O24]・4H2O である。水鉛鉱を焙焼して酸化モリブデンとし,硝酸で洗って不純物を除き,アンモニア水に溶かし,再結晶させてつくる。無色,またはわずかに黄色を帯びた柱状晶。水に可溶,アセトン,アルコールに不溶。顔料 (染色レーキ,モリブデン赤) ,試薬として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

モリブデン酸アンモニウム
 リンの定量法に使われる試薬で,リンと反応するとリンモリブデン酸アンモニウムとなり還元状態で青色を呈する.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モリブデン酸アンモニウム
もりぶでんさんあんもにうむ
ammonium molybdate

モリブデン(Ⅵ)のオキソ酸であるモリブデン酸のアンモニウム塩。オルトモリブデン酸塩(NH4)2MoO4(正式名称はモリブデン(Ⅵ)酸アンモニウム)は、酸化モリブデンを熱濃アンモニア水に溶かして結晶化させると得られる。希アンモニア性水溶液からはパラモリブデン酸塩(NH4)6Mo7O24・4H2O(正式名称はテトラコサオキシド七モリブデン(Ⅵ)酸アンモニウム四水和物)を得るが、パラモリブデン酸のようにいくつかの単量体のオキソ酸が縮合して生成した多量体オキソ酸をイソポリ酸という。

 パラモリブデン酸アンモニウムの濃硝酸溶液にリン酸の溶液を加えると、ドデカモリブドリン酸水素アンモニウム(NH4)2H(PMo12O40)・H2O(正式名称はテトラコンタリン十二モリブデン(Ⅵ)酸アンモニウム一水和物)の黄色沈殿を得る。ヒ酸でも同様な沈殿を生じ、リンやヒ素の検出反応に利用されるが、この種の複数の元素の縮合オキソ酸をヘテロポリ酸という。

[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

モリブデン酸アンモニウム
モリブデンサンアンモニウム
ammonium molybdate

いわゆるオルト塩(NH4)2MoO4も得られているが,この名称の市販品は,七モリブデン酸六アンモニウム四水和物,通称,パラモリブデン酸アンモニウム(NH4)6[Mo7O24]・4H2Oであることが多い.【】テトラオキシドモリブデン酸(2-)二アンモニウム:(NH4)2MoO4(196.01).MoO3と濃アンモニア水とを反応させ,アルコールを加えて沈殿させると得られる.無色の単斜晶系結晶.空気中に放置すると徐々にアンモニアを失う.水,酸などに可溶.MoO42-は pH 7以上で水溶液中に存在する.pH < 7では七モリブデン酸(6-)イオン,八モリブデン酸(4-)イオンとの平衡が存在する.[CAS 13106-76-8]【】テトラコサオキシドヘプタモリブデン酸(6-)六アンモニウム:(NH4)6[Mo7O24](1163.80).普通は四水和物.MoO3をアンモニア水に溶解し,1時間煮沸すると得られる.加熱すると,90 ℃ で水を失い,150 ℃ でアンモニアの放出がはじまる.230 ℃ でMoO3 になる.水に可溶.水溶液は弱酸性を示す.[Mo7O24]6- は7個のMoO6が稜共有で結合した構造をもつ.分析などの試薬(リン酸,ヒ酸,鉛などや,アルカロイド用),写真用,陶器のつや出し,顔料,触媒などの原料などに用いられる.[CAS 12027-67-7]【】ヘキサコサオキシドオクタモリブデン酸(4-)四アンモニウム:(NH4)4Mo8O26.七モリブデン酸アンモニウムの酸性水溶液(pH 3~5)から得られる.[CAS 12411-64-2]【】ヘプタオキソ二モリブデン酸(2-)アンモニウム:(NH4)4Mo2O7(339.959).モリブデン酸塩の熱アンモニア水溶液から析出する.これらアンモニウム塩は,いずれも稜共有のMoO6八面体型の長鎖構造をもつ.七モリブデン酸塩と二モリブデン酸塩は水溶性のモリブデン原料として,おもに触媒の製造に用いられる.アンモニウム塩はすべて塩化ビニルなどプラスチックの遅燃剤として利用される.[CAS 27546-07-2]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリブデン酸アンモニウム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モリブデン酸アンモニウムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation