@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モリーナ【もりーな】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モリーナ
もりーな
Mario J. Molina
(1943―2020)

アメリカの化学者。メキシコのメキシコ・シティで生まれる。1965年メキシコ国立自治大学(UNAM)卒業。ドイツのフライブルク大学に進学し、1967年修了後UNAMに助教授として戻る。1968年カリフォルニア大学バークリー校に入り物理化学を専攻、1972年に博士号を取得。翌1973年カリフォルニア大学アーバイン校のS・ローランドの研究室に移り、フロンによる環境破壊をテーマに研究を始める。フロンは産業的につくりだされた化合物で、大気中に蓄積してきていることは知られていたが、当時は環境に対して影響はないと考えられていた。実際フロンは低い高度では安定で環境になんの影響も及ぼさないが、高いところで太陽光にさらされるとフロンは分解し、その分解物がオゾンを破壊することがわかり、1974年にこの成果を発表した。この発表は社会的に大きく取り上げられ、フロンガス全廃へのきっかけとなった。1982年大学を離れてジェット推進研究所へ転出する。さらに1989年にはマサチューセッツ工科大学に移り、1997年同大学教授となる。オゾンの形成と分解に関する大気化学の研究に対し、S・ローランド、P・クルッツェンとともに1995年のノーベル化学賞を受賞した。

[馬場錬成]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

モリーナ
モリーナ
Molina, Mario

メキシコ生まれのアメリカの大気化学者.カリフォルニア大学バークレー校で学位を取得して,1973年同大学アーバイン校の博士研究員となり,S. Rowland(ローランド)と共同でクロロフルオロカーボン(フロンガス,CFC)に関する研究に取り組む.その年の末には,CFCからの塩素がオゾン層を破壊するという結論に達し,1974年のNature誌にそれを発表した.その後,カリフォルニア工科大学を経て,マサチューセッツ工科大学の教授となる.オゾン層の生成と分解に関する研究によって,1995年Rowland,P. Crutzen(クルッツェン)とともにノーベル化学賞を受賞した.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モリーナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モリーナの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation