@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モル(物質の量の単位)【もる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モル(物質の量の単位)
もる
mol

物質の量の単位の一つで、化学ではもっとも重要なもの。原子量の基準となっている炭素の質量数12の同位体12Cの12グラム中に含まれる原子の数、すなわちアボガドロ定数(6.0221367×1023)だけの物質粒子(原子、分子、イオン、電子など)を含む物質の集団を1モルと定義する。記号はmol,mole,Mなどを使う。水素原子H1モルの質量は1.0079グラムであり、水素分子H21モルの質量は2.0158グラムである。また塩化ナトリウムNaClはNa+とCl-から成り立つのであるから、その1モルは式量NaCl=22.98977+35.453=58.443であり、58.443グラムである。すなわち1グラム原子、1グラム分子、1グラム式量などが1モルである。またモル濃度の単位の意味に用いられることもある。

[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モル(物質の量の単位)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モル(物質の量の単位)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation