@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モルガン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モルガン
Morgan, J(ohn) P(ierpont)
[生]1837.4.17. アメリカ合衆国,コネティカット,ハートフォード
[没]1913.3.31. イタリア,ローマ
アメリカ合衆国の大金融資本家。ドイツのゲッティンゲン大学で学び,1857年ニューヨークのダンカン・シャーマン商会に入社,1960~64年父 J.S.モルガンがパートナーだったジョージ・ピーボディ商会と,それを引き継いだ J.S.モルガン商会(ロンドン)のニューヨーク代理人として金融界で活躍。1871年ドレクセル・モルガン商会のパートナー,1895年同商会を傘下に収めて J.P.モルガン商会を創設。投資銀行家として合衆国政府債の引受業務,アメリカ鉄道界の再編成と安定化,ユナイテッド・ステーツ・スチールゼネラル・エレクトリックインターナショナル・ハーベスターなどの巨大会社の実現に成功,アメリカ金融界の中心人物,経済力集中のシンボルとなった。1912年にはアメリカの主要 47会社の 72の重役の椅子をモルガン商会のパートナー 11人が占め,モルガン財閥を形成した。病院,教会,図書館,美術館にも莫大な金を寄付した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン
Morgan, Claude
[生]1898.1.29. パリ
[没]1980.11.12. オルレアン,ロアール
フランスの小説家,ジャーナリスト。対独レジスタンス運動から文学の世界に入った。『レットル・フランセーズ』 Les Lettres françaises紙の創刊に尽力,のち編集長をつとめた。「深夜叢書」の1冊として出した『人間のしるし』 La Marque de l'homme (1944) をはじめ,『羅針盤のない旅行者』 Le Voyageur sans boussole (51) など。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン
Morgan, Jacques de
[生]1857.6.3. ロアールエシェール
[没]1924.6.12. マルセイユ
フランスの考古学者。オリエント先史考古学の先駆者。メンフィス (エジプト) で遺跡調査を行い,スーサ遺跡 (イラン) ではハンムラビ法典碑文やエラム史料を発掘した。主著『オリエント先史考古学』 La Préhistoire orientale (3巻,1925~27) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン
Morgan, Michèle
[生]1920.2.29. ヌイイシュルセーヌ
[没]2016.12.20. ムードン
フランスの映画女優。マルセル・カルネ監督の『波止場』(1938)でジャン・ギャバン共演,一躍名が知られた。1946年,アンドレ・ジッド小説を原作とした『田園交響楽』で盲目の主人公を演じ,第1回カンヌ国際映画祭で女優賞を受賞した。1969年レジオン・ドヌール勲章を受章

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モルガン(John Pierpont Morgan)
[1837~1913]米国実業家・金融資本家。モルガン商会を興し、鉄鋼鉄道をはじめ諸産業を支配する財閥を築いた。モーガン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン(Lewis Henry Morgan)
[1818~1881]米国の人類学者・社会学者。アメリカ先住民のイロコイ族の養子となり彼らの親族組織・制度を研究。エンゲルスなどに影響を与えた。「古代社会」。モーガン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン(Thomas Hunt Morgan)
[1866~1945]米国の遺伝学・発生学者。ショウジョウバエを使って交雑実験を行い、メンデルの推定した遺伝要素が、染色体上に並ぶ遺伝子であることを確認。染色体地図を作製した。1933年ノーベル生理学医学賞受賞。著「遺伝子説」。モーガン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン(morgan)
染色体上での遺伝子間の距離を表す単位。二つの遺伝子座の間で1回の減数分裂当たり、染色体の交差が平均1回起こる距離を1モルガンとする。この単位だと大きすぎるため、ふつうそれを100分の1にしたセンチモルガン(cM)という単位が用いられる。モルガン単位モーガン単位

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モルガン【Jacques de Morgan】
1857‐1924
フランスの考古学者。西アジアにおける先史文化の存在とその編年の大綱を明らかにした。中部フランスに生まれてパリの鉱山学校で学び,探鉱者としてマラッカなどを調査してのち,カフカスやイランの科学調査を指揮して1892年にエジプト古物局長官に任命され,97年まで多くの遺跡を発掘した。とくに重要なのは,ナカダNaqadaで第1王朝のマスタバを発見し,その構造と大きさを正確に示したことである。97年イランに渡ってスーサの層位的発掘を始めるとともに,調査年度ごとに刊行される概報と,遺跡や問題ごとの詳細な検討を加えた内容の本報告を出版して,バビロニアにおいて層位的発掘が始まる1930年ころまで,メソポタミア先史時代の編年に基準を提供した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

20世紀西洋人名事典

モルガン


モーガンをも見よ。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モルガン
[一] (John Pierpont Morgan ジョン=ピアポント━) アメリカの実業家。金融・鉄道・鉄鋼事業に携わり、特に南北戦争で巨利を得、モルガン財閥をつくりあげた。(一八三七‐一九一三
[二] (Thomas Hunt Morgan トマス=ハント━) アメリカの遺伝学者。ショウジョウバエの遺伝を研究して、遺伝子説を確立した。一九三三年ノーベル生理学・医学賞受賞。著「発生学と遺伝学」。(一八六六‐一九四五
[三] (Lewis Henry Morgan ルイス=ヘンリー━) アメリカの文化人類学者。アメリカ‐インディアンの社会を研究し、進化論の立場に立って、原始社会の発展を体系づけた。主著「古代社会」は、エンゲルスなどに大きな影響を与えた。(一八一八‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モルガンの関連情報

関連キーワード

徳川家斉マンウィリスコワニエジェラールストーンダイバーズデュ=ブスケパンペリーファン=ドールン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation