@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モルダビア【もるだびあ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モルダビア
もるだびあ
Moldavia

ロシア語や英語でモルダビア、ルーマニア語ではモルドバMoldovaという。東ヨーロッパ中部、ルーマニア東部のモルドバ地方と、ドナウ川支流のプルート川を挟んで、その東に位置するモルドバ共和国に相当する歴史的地域。その範囲は時期によって変化するが、東カルパティア山脈とドニエストル川との間の地域で、中世にはベッサラビアとブコビナを含み、モルダビア公国が存在した。公国首都は15世紀までバイア(現バイア・マーレ)、16世紀までスチャーバ、以後はヤーシ。

 古生代の基盤上に中生代や新生代の地層が堆積(たいせき)し、肥沃(ひよく)な黒土地帯をなす。モルドバ共和国は1991年8月に旧ソ連から独立を宣言した。人口は364万(2000国連推計)、首都キシナウ(ロシア語名キシニョフ)の人口は65万5000(1996)。農業が中心でブドウ、ワイン生産をはじめ、小麦、トウモロコシ、ヒマワリ、ジャガイモなどを産する。キシニョフは金属、皮革工業が盛んである。民族構成はルーマニア語方言であるモルドバ語を話すモルドバ人約64.5%、ウクライナ人約14%、ガガウス人(キリスト教に改宗したトルコ系民族)約4%など。宗教はロシア正教が主流である。ルーマニアのモルドバ地方でもブドウ、小麦、トウモロコシ、ヒマワリ、ジャガイモなどを産する。ヤーシは金属・化学工業が発達し、ガラチはルーマニア製鉄の中心地である。

[佐々田誠之助]

歴史

古代にはローマ文化を受け入れたダキア人がこの地方に居住していたといわれる。クマン人、ブルガリア人などの多くの民族がこの地を支配し、1345年にモンゴル軍が撤退したのち、ボグダン(在位1359~65)に率いられたルーマニア人がモルダビア公国を樹立した。シュテファン3世(在位1457~1504)の時代に最盛期を迎えたが、1475年同地方に進出してきたオスマン・トルコと戦い、彼の死後トルコに従属した。19世紀に入るとモルダビアでも民族独立闘争が進展した。1859年にモルダビア、南のワラキアの両公国は同一人物クーザを大公に選出し、61年12月にはルーマニアという単一の公国を形成した。現在のモルドバ共和国は、1924年に当時のソ連がドニエストル川のソ連領に小さな帯状のモルダビア自治共和国を設立し、40年にルーマニアからベッサラビアを「奪還」してそれと併合し、社会主義共和国に格上げしたもので、91年に共和国として独立した。

[木戸 蓊]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モルダビア
(Moldavija) 「モルドバ」の旧称

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モルダビア(Moldavia)
モルドバの旧称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モルダビア
モルドバ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルダビア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モルダビアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation