@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モルトケ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モルトケ
Moltke, Helmuth Johannes Ludwig von
[生]1848.5.25. メクレンブルク,ゲルスドルフ
[没]1916.6.18. ベルリン
ドイツ,プロシアの軍人。叔父のモルトケ (大モルトケ) に対して,小モルトケと呼ばれる。 1870年プロシア軍に入り,82年大モルトケの副官,1903年主計総監。 06年 A.シュリーフェンの跡を継いでドイツ軍参謀総長となり第1次世界大戦開戦時のドイツ軍の戦略を指導。前任者シュリーフェンの立案になる,いわゆるシュリーフェン・プランを修正した彼の作戦は,フランスに対する敏速な勝利を得ることができず,14年マルヌ会戦に敗れて辞任した。皇帝ウィルヘルム2世の信任厚く,そのために過大な責任を負わされた悲劇の軍人と評されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルトケ
Moltke, Helmuth Karl Bernhard, Graf von
[生]1800.10.26. メクレンブルク,パルヒム
[没]1891.4.24. ベルリン
ドイツ,プロシアの軍人。近代ドイツ陸軍の父。第1次世界大戦当時のドイツ軍参謀総長モルトケ (小モルトケ) に対し,大モルトケと呼ばれる。コペンハーゲンの陸軍幼年学校で教育を受けたのち,デンマーク軍に入隊したが,1822年プロシア軍に入隊。 35年中近東を視察旅行し,そのままトルコ軍顧問となってその再編,近代化に尽した。 39年帰国,再びプロシア軍に入り,55年フリードリヒ・ウィルヘルム (のちのフリードリヒ3世) の副官,58年参謀総長となり軍制改革を推進し,デンマーク戦争 (1864) ,プロシア=オーストリア戦争 (66) ,普仏戦争 (70~71) を指導,そのすぐれた戦略・戦術的才能を遺憾なく発揮した。彼が参謀部に設けた新制度 (総括的作戦指令) は,その後近代化されたあらゆる軍隊が範とするにいたった。 88年退役。謙遜かつ寡黙で,「偉大な沈黙者」と呼ばれ,軍事問題でしばしばビスマルクと衝突はしたが,常に政治を優先させた。 19世紀における最もすぐれた軍事指揮者の一人とされている。文筆家としても知られ,死後『論文集および回想録』 Gesammelte Schriften und Denkwürdigkeiten (8巻,91~93) ,『書簡集』 Moltkes Briefe (2巻,1922) が刊行された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モルトケ(Moltke)
(Helmuth Karl Bernhard von ~)[1800~1891]プロイセンの軍人。クラウゼビッツ軍事学を研究し、参謀総長として普墺(ふおう)戦争普仏戦争などに勝利。ドイツ帝国成立に貢献した。大モルトケ。
(Helmuth Johann Ludwig von ~)[1848~1916]ドイツ帝国の軍人。の甥。参謀総長として第一次大戦緒戦を指揮。シュリーフェンプランを実行するが失敗し辞任した。小モルトケ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モルトケ【Helmut Karl Bernhard Graf von Moltke】
1800‐91
ドイツの軍人。大モルトケとよばれる。1857年以降プロイセン陸軍参謀総長として普墺・普仏戦争を勝利に導く。彼はクラウゼウィツ戦争論使徒であったが,加えて鉄道や電信・電話の軍事的利用による近代的大衆軍隊の用兵術を確立した。政治的野心をもたず,ビスマルクの外交政策に沿って活動したが,軍事問題への政治の介入には反対した。帝国成立後には対露仏二正面戦争論を構想し,後年シュリーフェン・プランに影響を与えた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モルトケ
もるとけ

(1)Helmuth Karl Ferdinand, Graf von Moltke(1800―1891) ドイツの将軍。大モルトケとよばれる。1822年デンマーク陸軍からプロイセン陸軍に移る。理論家として頭角を現し、1858年陸軍参謀総長に就任。産業革命に伴う鉄道、通信などの技術革新に注目。それらを取り入れた近代的な陸軍の編成とその戦略を考案し、対デンマーク戦争(1864)、プロイセン・オーストリア戦争(1866)、プロイセン・フランス戦争(1870~1871)で赫々(かくかく)たる戦果をあげた。その功で1871年陸軍元帥。彼の声望は参謀本部をドイツ陸軍の中枢たらしめた。(2)Helmuth von Moltke(1848―1916) 小モルトケ。(1)の甥(おい)。第一次世界大戦勃発(ぼっぱつ)当時、ドイツ陸軍参謀総長。二正面作戦に失敗し、1914年9月、病気のため辞任した。

[木谷 勤]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モルトケ
[一] (Helmuth Karl Bernhard Graf von Moltke ヘルムート=カール=ベルンハルト=グラーフ=フォン━) プロイセンの将軍。普墺戦争・普仏戦争に参謀総長として活躍し、戦術家としての天才的手腕を発揮した。甥(小モルトケ)と区別して大モルトケともいう。(一八〇〇‐九一
[二] (Helmuth Johannes Ludwig von Moltke ヘルムート=ヨハネス=ルートウィヒ=フォン━) プロイセンの将軍。大モルトケの甥。参謀本部に入り、総長シュリーフェンとともに仏露両国を仮想敵とする速戦即決の両面作戦を計画。参謀総長就任後もこの案を練って第一次世界大戦に臨んだが成功せず退職。(一八四八‐一九一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モルトケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モルトケの関連情報

関連キーワード

一八四八年の革命フランス史(年表)三月革命チェコおよびスロバキア史(年表)マルクス1848年の革命と自由戦争記念日労働者友愛会ガルニエ=パージェスアウスグライヒウィーン蜂起

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation