@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モンカゲロウ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンカゲロウ
Ephemera strigata
カゲロウ目モンカゲロウ科。大型のカゲロウで,成虫は体長 16mm内外。黄褐色の体に暗黄色透明の翅をもつ。前翅の幅は広く,発達した翅脈と褐色で比較的大きな横帯紋がある。腹背各節にそれぞれ1対の黒褐色の斜条があり,腹端には3本の尾毛をもつ。雄の腹端にある把握器は3節。幼虫は長円筒形,乳白色でやや赤みを帯び,羽毛状の鰓を腹背に並べ,河川流水中の砂泥にもぐって生活している。砂中を進むため脚が短く,また大顎は発達し長い牙状となっている。晩春,成熟すると夕方一斉に羽化しだし,川面上を飛翔する。北海道と本州に分布する。日本には他に近縁種が2種ある。 (→カゲロウ類 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんかげろう【モンカゲロウ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンカゲロウ
もんかげろう / 紋蜉蝣
[学] Ephemera strigata

昆虫綱カゲロウ目モンカゲロウ科に属する昆虫。大形のカゲロウで、幼虫は河川中流にすみ、成虫はその沿岸にみられるが、上流へも飛ぶ。体長・前翅(ぜんし)長とも16ミリ内外。体は黄褐色で、雄の頭部は黒褐色、胸部は暗褐色、腹部は黄褐色で腹部背板の左右に黒褐色の斜条がある。はねは暗黄色透明で、前翅は幅広く、翅脈が発達しており、褐色の横帯紋が中央部前方にある。尾は3本、また雄尾端の把握器は3節。幼虫は流水中の砂泥に潜っており、長円筒形で、大あごは鋭く、長い牙(きば)状となり、外側上方に曲がる。触角には長毛が生え、えらは羽毛状で腹上に並べて置く。尾肢はほぼ等長の3本で、細毛を密に並べる。北海道、本州に分布し、晩春の夕刻に一斉に羽化し、群飛する。モンカゲロウ科Ephemeridaeのカゲロウは、日本からほかに2種が知られている。

[山崎柄根]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンカゲロウ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンカゲロウの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation