@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モンテスマ2世【モンテスマにせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンテスマ2世
モンテスマにせい
Montezuma II; Moctezuma Xocoyotzin
[生]1466. テノチティトラン
[没]1520.6.30頃.テノチティトラン
メキシコ,アステカ民族の王 (在位 1502~20) 。モクテスマ・ショコヨツィンとも呼ばれる。対外戦争を行なって多数の捕虜を神に犠牲として捧げ,三者同盟の一つテスココ市の実権も奪い,メキシコの最高権力の地位を確立。また大神殿を建て,首都テノチティトラン (現メキシコシティー) は空前繁栄をみた。しかし H.コルテス上陸後はケツァルコアトル伝説に惑わされ,抵抗の意志を失いその入市を認め,1519年コルテスの奸計により捕虜にされた。 1520年アステカ民族がコルテスに対する反乱を開始すると,コルテスに城壁上から抵抗をやめるよう説得することを命じられ,説得中,投石にあたって重傷を負い数日後死んだ。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンテスマ2世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンテスマ2世の関連情報

関連キーワード

文正親長卿記鳥谷敬足利義稙上杉憲実エラスムス寛正ドナテロ文正細川政元

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation