@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モントゴメリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モントゴメリー
Montgomery, Bernard Law, 1st Viscount Montgomery of Alamein
[生]1887.11.17. ロンドン
[没]1976.3.24. ハンプシャー,アルトン
イギリスの陸軍軍人。 1908年陸軍士官学校を卒業。 10~14年のインド勤務ののち,第1次世界大戦に従軍。その後アイルランド,パレスチナに勤務,38年少将,パレスチナ師団長。第2次世界大戦では,42年第8軍司令官として北アフリカでの作戦を指揮し,42年 11月アルアラマインの戦いで,E.ロンメル将軍指揮下のドイツ軍を破り,43年にはチュニジア戦線で再びロンメル指揮の機甲部隊に大打撃を与え,北アフリカからドイツ軍を一掃した。 44年元帥となり,ノルマンディー上陸作戦 (→オーバーロード作戦 ) には,連合国遠征軍副司令官として,イギリス第2軍,アメリカ第1軍,カナダ第1軍などの地上軍を指揮し,ノルマンディー上陸を成功させた。十分軍備を整えたあとで作戦行動に入ることを基本方針としたため,批判されることも少くなかったが,確実な勝利を得ることで,部下の士気を高めた。終戦直後,連合国管理理事会イギリス代表をつとめたのち帰国。子爵となり,46年参謀総長に就任。さらに 48年西ヨーロッパ連合最高司令官会議の議長,51~58年北大西洋軍副最高司令官などを歴任した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モントゴメリー
Montgomery, Richard
[生]1738. ダブリン
[没]1775.12.31. ケベック
アメリカ独立革命期の軍人。イギリス正規軍としてフレンチ・アンド・インディアン戦争に参加。 1775年独立戦争に際して,立場を変えてアメリカ愛国派軍准将として参加。カナダ遠征軍を指揮し,ケベック包囲戦中に戦死

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モントゴメリー
Montgomery
アメリカ合衆国アラバマ州州都。 1814年に入植が始り,37年市制施行。北部には,炭田鉄鉱床があり,南部にはマツ森林分布。付近の家畜生産地域を背景に発展した都市で,大規模な家畜市場がある。綿花の一大集散地で,製材と人工肥料の製造も盛んである。史跡に富み,州庁は合衆国におけるジョージア風建築物の代表といわれる。付近にマックスウェル空軍基地がある。人口 20万5764(2010)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モントゴメリー
サヒワール」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モントゴメリー(Montgomery)
米国アラバマ州中央部の都市。同州の州都。綿花の集散地として栄え、南北戦争時には南部連合最初の首都が置かれた。公民権運動の中でも名高いバスボイコット運動の舞台にもなった。モンゴメリー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

もんとごめりー【モントゴメリー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モントゴメリー【Bernard Law Montgomery】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モントゴメリー
もんとごめりー
Montgomery
アメリカ合衆国、アラバマ州中央部の都市で、同州の州都。人口20万1568(2000)。アラバマ川の遡航(そこう)の終点近くに位置し、メキシコ湾との間に河川交通がある。周辺地域は肥沃(ひよく)なブラックベルト(黒色土地帯)で、そこから産する綿花、ウシ、酪農製品の取引中心地である。工業も発達し、機械、ガラス製品、繊維・織物、電気製品、肥料、家具、製紙、食品加工業などがある。
 1819年に町となり、37年に市となった。47年に州都となり、綿花市場として栄えた。61年2月には南部連合結成の会議がここの州庁舎で開催され、同年5月まで南部連合の仮首都であった。アラバマ州立大学、ハンティンドン大学の所在地であり、南部連合最初のホワイトハウス(大統領官邸)は現在南部連合国博物館となっている。南北戦争以前に建設された邸宅が多数残っている。市名は独立革命の将軍モンゴメリーRichard Montgomery(1738―75)にちなむ。[菅野峰明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モントゴメリー
(Montgomery)⸨モンゴメリー⸩ アメリカ合衆国アラバマ州の州都。アラバマ川にのぞむ商工業都市で、南部綿花地帯の中心地。一八六一年南部連邦の首都となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モントゴメリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モントゴメリーの関連情報

関連キーワード

東京芸術大学120周年国民之友雑誌新島襄ピッツバーグ・パイレーツ[各個指定]芸能部門オストワルト巨文島事件三大事件建白運動

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation