@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モンモリロナイト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンモリロナイト
montmorillonite
粘土鉱物一種。 (Na,Ca)0.3(Al,Mg,Fe3+,Li)2~3(Si,Al)4O10(OH)2nH2O 。ベントナイト主成分鉱物。単斜晶系比重2~3,硬度1~2。白,黄,緑色など。3層構造で層間に水をもち,100~200℃で層間水が脱水する。火山岩やその凝灰岩,特に天然ガラスは風化してモンモリロナイトになりやすい。電子顕微鏡では形のはっきりしない板状結晶。層間に水を取入れ著しく膨潤する性質があり,イオン交換性が高い。含水量 150%で粘着力を生じ,約 450%の含水量で粘着力を失い,また内部摩擦抵抗が小さいことなど特殊な性質を示す粘土で,地すべりはモンモリロナイトが多いところに起りやすい。石油井を掘進するときに用いる泥水,鋳物砂型の結合剤,肥料分を吸着させるための客土などに用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モンモリロナイト(montmorillonite)
アルミニウムの含水珪酸塩(けいさんえん)を主成分とする粘土鉱物。凝灰岩などの風化で生じ、白ないし灰色粉末。水を吸収して膨潤し、またイオン交換性が高い。酸性を示すものは酸性白土とよばれる。ベントナイトの主な構成鉱物。砂型鋳造・増量剤などに利用。モンモリロン石

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モンモリロナイト【montmorillonite】
モンモリロン石とも呼ぶ粘土鉱物の一種で水により膨潤する性質(原体積の7~10倍)が特徴。ベントナイトの主要構成鉱物である。スメクタイトsmectiteとも呼ばれる。化学成分X0.66Y6Z8O20(OH)4・2H2O,X:1/2Ca,Na,Y:Al,Mg,Fe3+,Z:Si,Alで示され多種類の種がこれに属する。単斜晶系に属する層状構造の微細葉片状結晶。電子顕微鏡下に薄板状の形態が明らかにされるが,通常は粘土状または塊状集合体をなす。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

モンモリロナイト
〘名〙 (montmorillonite) 粘土鉱物の一種。主成分はアルミニウムとマグネシウムの含水珪酸塩鉱物。単斜晶系。白・灰・淡色などの粉末塊で軟らかく、水を吸収して膨潤する。長石・凝灰岩などが変質して生じる。酸性白土の主成分。モンモリロン石。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

モンモリロナイト
モンモリロナイト
montmorillonite

Al2O3・4SiO2nH2Oで示される含水アルミニウムケイ酸塩(粘土鉱物)の一種で,層状構造をもつ.塩基置換量がきわめて大きく,吸着イオンによって水中における膨潤度は異なるが,一価イオンを吸着している場合は十数倍に膨潤する.フランスのモンモリヨンで産出して研究されたので,この名称が用いられる.アメリカのベントンに産出するベントナイトも同じものである.吸着性,膨潤性,塩基交換性,粘着性を利用した多くの用途がある.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンモリロナイト
もんもりろないと

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンモリロナイト」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンモリロナイトの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation