@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モンロー主義【モンローしゅぎ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モンロー主義
モンローしゅぎ
Monroe Doctrine
1823年 12月2日にアメリカ第5代大統領 J.モンローが議会へ送った教書のなかで述べた原則。おもな内容は,(1) アメリカ大陸は,今後ヨーロッパ諸国によって将来の植民の対象と考えられるべきではないこと,(2) アメリカはヨーロッパの政治に介入しないこと,(3) ヨーロッパ諸国の圧迫その他の方法による西半球諸政府に対するいかなる干渉もアメリカへの非友好的意向の表明とみなすこと,であった。以後モンロー主義はアメリカの対外的主張として,しばしば表明されたが,国際政治の動向に対応してその解釈も意味も変遷した。たとえば 1845年 J.ポーク大統領は,アメリカ大陸,特に北アメリカにおける現状維持の正当化のためにこの原則を主張した。また T.ルーズベルト大統領は,ラテンアメリカ諸国に対するアメリカの干渉を正当化するための根拠としてモンロー主義を主張した。その後,1933年の第7回汎米会議でアメリカは干渉権の放棄を公式に表明した。しかし第2次世界大戦後も,アメリカの中南米政策にみられるように,西半球におけるアメリカの優勢と支配を維持するという意味で T.ルーズベルトのような主張は現在も残っているといえるが,それは次第にモンロー主義としては主張されなくなってきている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

モンロー主義
南北米大陸全体を米国権益とみなし、他の地域からの干渉を受けないとする考え方。第5代大統領モンローが1823年の年次教書で示した外交原則が始まり。当時、中南米は独立したばかりの国が多く、欧州による介入は、米国への圧迫とみなすと主張。米州自立をうたったこの原則を理由に、中南米に介入した。地域間の相互不干渉も訴えたため、「孤立主義」の意味で使われることもある。
(2020-10-07 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

モンロー‐しゅぎ【モンロー主義】
欧米両大陸の相互不干渉を主張する米国の外交政策の原則。1823年、モンロー米大統領が、植民地主義と、ラテン‐アメリカ諸国の独立に対する欧州諸国の干渉に反対して、教書の中で行った宣言に基づく。以後、内容・意味を変えながらも、米国外交の基本となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モンローしゅぎ【モンロー主義 Monroe Doctrine】
アメリカの対外政策の伝統的基本原則。西半球におけるヨーロッパ諸国の勢力拡張に反対する立場,またそれに関連して西半球における自国優越を主張する立場をいう。1823年にモンロー大統領は,ヨーロッパの神聖同盟諸国がスペインから独立したラテン・アメリカ諸国に干渉して君主政を押しつけ,それらの国々を神聖同盟に結びつけようとしたことに反対し,また西半球においてヨーロッパ諸国が植民地を拡大することへの反対を表明した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モンロー主義
もんろーしゅぎ
Monroe Doctrine

アメリカ合衆国の基本的外交方針の一つ。新世界をヨーロッパから区別し、両者の距離を保とうとする姿勢は、すでにアメリカ独立革命のころからみられたが、1823年に第5代大統領モンローが初めてこの立場を明確に示した(モンロー宣言)ことから、その外交方針は「モンロー主義」とよばれる。

 モンロー宣言は、二つの背景をもっていた。一つには、1821年、ロシアは北緯51度以北の北米太平洋岸地域をロシア領とする布告を発したが、これに対してアメリカ国務長官J・Q・アダムズは、新大陸はもはやヨーロッパの植民の対象とはならないという、植民地主義の否定を表明していた。一方イギリスは、1810年代にスペインから独立したラテンアメリカ諸国へのヨーロッパ列強、とりわけフランスの干渉を恐れ、23年に外相カニングを通して干渉反対の英米共同宣言を提案した。しかし、イギリスへの不信感から合衆国の単独宣言を主張したアダムズの意見が採用され、同年12月2日、大統領モンローは議会への教書で、先の植民地主義の否定を繰り返すとともに、アメリカとヨーロッパの相互不干渉の原則を表明し、ラテンアメリカ諸国へのいかなる干渉も、合衆国に対する非友好的態度とみなすことを宣言。

 モンロー主義はその後繰り返し表明され、合衆国の基本的外交原理の一つとして確立されたが、時代の推移とともに拡大解釈されるようになり、とりわけ20世紀に入ると、合衆国のみが新大陸諸国に干渉することを正当化する原理となった。

[竹本友子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モンロー‐しゅぎ【モンロー主義】
〘名〙 アメリカ合衆国の第五代大統領モンローが一八二三年に年次教書中で述べた外交方針。ロシアの太平洋岸進出とラテンアメリカへのヨーロッパの干渉に対する脅威を背景に宣言された。アメリカへの再植民・干渉を許さない代わりに、アメリカもヨーロッパに干渉しないとするもの。以来合衆国の外交政策を規制したが、実際の適用には種々な拡張解釈がされ、特に西半球におけるアメリカの優位性を主張するために用いられた。広く、外交上の不干渉主義をもいう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

モンロー主義
モンローしゅぎ
Monroe Doctorine
アメリカ大統領モンローの1823年の「議会教書」の中に盛り込まれた外交原則
アメリカ・ヨーロッパ両大陸間の相互不干渉,独立の尊重,干渉の場合の実力による反抗などを内容とする。これは“孤立主義”とも呼ばれ,その後のアメリカ外交の基本原理となった。19世紀末から帝国主義的な対外進出政策が採用されたのちも,合衆国の対外政策の基本原則の1つとなっている。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モンロー主義」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モンロー主義の関連情報

関連キーワード

ベートーベンミツケーウィチウェーラークーパー荘厳ミサ曲モリソン木村嘉平シーボルトロゼロ菅野序遊

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation