@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モーブ
Mauve, Anton
[生]1838.9.18. ザーンダム
[没]1888.2.5. アルンヘム
オランダの画家。 1870年頃よりハーグで活躍,85年以降ラレンに移住した。妻は V.ゴッホのいとこ。バルビゾン派の影響を受け,農漁村に取材し,コロー風の灰色と青の調和基調にした水彩画を得意とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーブ
mauve
絵具の色名の一つ。アニリン染料のグループに属する合成有機染料で,1856年イギリスで W.パーキン卿によってつくられた。純粋なモーブ染料は赤みがかった紫色結晶で,使用後は鈍い紫になる。退色しやすいが,しかし水彩画用の絵具として現在でもわずかながら用いられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モーブ(mauve)
赤紫色の塩基性染料。1856年に英国のパーキンがアニリンを酸化して作り、初めての合成染料として知られる。モーベイン

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

色名がわかる辞典

モーブ【mauve】
色名の一つ。モーヴとも表記する。JISの色彩規格では「つよいみの」としている。モーブはフランス語でアオイ(葵)のこと。一般に、アオイのようなやや青みがかった紫をさす。ただし、モーブは世界初の合成染料の名前でもある。アニリンを原料とし、イギリスの学生ウィリアム・パーキン(1838~1907年)が1856年に発明した。同じアオイを意味する英語のマローmallow)も色名としてあったのだが、このやや青みがかった紫の合成染料の色名が広まって定着したとされる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モーブ【Mauve】
モーベインMauveineとも呼ばれる。1856年イギリスのW.H.パーキンが不純なアニリンを重クロム酸で酸化して合成した人類初の合成染料として意義が高い。モーブは赤紫色染料でサフラニン系の塩基性アジン染料と推定される。パーキンは57年にこの染料を工業的に製造し〈チリアンパープル〉と名づけて売り出したが,イギリスではあまり評判がよくなく,フランスで〈モーブ〉(野生草花の名,アオイの仲間)という名で売り出し有名となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

モーブ
もーぶ
mauve
mauvein

モーベインあるいはアニリンパープルともいう。1856年、キニン合成を目的とした不純なアニリンの酸化の研究途上、イギリスのW・H・パーキンによって発見された最初の合成染料。1857年にモーブとして市販された。名称はゼニアオイの花色に由来し、そのフランス語のmauveからモーブ(またはモーベイン)と名づけられた。美しい紫色に絹を染色するが、溶解性の低いことと、耐光堅牢(けんろう)度の低いことから、短期間で市場から姿を消した。単一な成分でなく、N-フェニルフェノサフラニンを主成分とするアジン系塩基性染料である。

[飛田満彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モーブ
〘名〙 (mauve)
① アニリンから得られるふじ色の染料。人工的に合成された合成染料の最初のもの。一八五八年この商標名で売り出された。モーベイン。
② 薄く青みがかった紫色。藤色。葵(あおい)色。モーベイン色。
※バナナ(1959)〈獅子文六〉前夜祭「モーブ色の木炭紙の二つ折りを、皆に見せた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーブの関連情報

関連キーワード

桜田門外の変/参加者一覧シューマンニコライレールモントフジェーンズデービスデーニッツグラバーパーマーマールマン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation