@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モーメント

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モーメント
moment
積率ともいう。ある資料の度数分布表が,階級値 x1x2,…,xn ,度数 f1f2,…,fn で,資料の総数は Nf1f2+…+fn であったとする。このとき
を原点のまわりの1次,2次,…次のモーメントといい,
を,平均値 のまわりの1次,2次,…次のモーメントという。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モーメント(moment)
非常に短い時間。瞬間。瞬時。
契機。きっかけ。
ある点を中心として運動を起こす能力の大きさを表す物理量定点から任意の点までの位置ベクトルと、その点におけるベクトル量とので表される。力のモーメント磁気モーメントなど。能率
ツイッターで、特定の話題に関するツイートをまとめる機能。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

モーメント【moment】
能率ともいう。図のように軽い両端に重さがW1,W2の物体をつるし,中間で支えてつりあわせるには,l1W1l2W2となる点を支えることが必要である。このとき重力W1が棒を左へまわそうとする働きと,W2が棒を右へまわそうとする働きがつりあうからと考えられる。このことは,力Fが物体を回転させようとする働きが,力の大きさFだけでなく,支点と力の作用線(力が働いている点をとおり力の方向にひいた直線)の間の距離にも比例することを示す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

モーメント【moment】
モメントとも
非常に短い時間。瞬間。
きっかけ。要因。契機。
ある点または軸のまわりに運動を引き起こす能力。また、定点に関するある量の効果を示すために、定点からその量までの距離をその量に掛けたもの。力の回転の効果は力のモーメント、運動量の効果は運動量のモーメント(角運動量)などで表す。能率。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

モーメント
もーめんと
moment
能率、力のモーメント、またはトルクともいい、ある点または軸の周りに運動を引き起こす能力のことである。てこの原理でよく知られているように、力のモーメントは、力の大きさだけでなく、支点からの距離にも依存する。正確には、回転中心から力の作用点へ引いた位置ベクトルrと力Fとのベクトル積r×Fで与えられる。一般に、力に限らず物理量Xに対して、Xのモーメントをr×Xで定義することもある。より一般的には、ある点からの距離に応じて、たとえば、距離の1乗または2乗などの重みをつけた量を、その点の周りのモーメントとよぶことがある。広がりのある固い物体(物理学では剛体という)の回転運動の記述に現れる慣性モーメントなどはその例である。[阿部恭久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

モーメント
〘名〙 (moment)⸨モメント⸩
① 非常に短い時間。瞬間。刹那(せつな)
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉上「其瞬間(モオメント)に瞥見したばかり」
② 契機。きっかけ。
※敗北の文学(1929)〈宮本顕治〉三「氏の全貌を語る上に、それは、一つのモメントを提供するに過ぎない」
③ 要素。
※映画時代(1930)〈寺田寅彦〉「俳句には矢張実に巧みに『声の影法師』を取り入れた実例が多い。例えば〈略〉『物うりの尻声高く名乗すて』は喜劇中のモーメントである」
④ ある点Pにおけるベクトル量と原点からP点に向かう位置ベクトルとのベクトル積を、ベクトル量の原点のまわりのモーメントという。ベクトル量が力のときは、力のモーメントといい、原点のまわりのトルクの大きさになる。
⑤ 一対の正負の電荷があるとき、負の電荷から正の電荷に向かう位置ベクトルと電荷量の積を電気双極子モーメントという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

モーメント
モーメント
moment

原点Oから点Pに至る位置ベクトルrと,Pにおけるベクトル量Gのベクトル積r × Gを,原点Oのまわりのモーメントという.Gが力ならば力のモーメントであり,運動量ならば角運動量である.また,原点からの二つの位置ベクトル r1r2 の位置に異なる符号で同じ電荷qと-qがあるとき,

q(r1r2)
電気双極子モーメントあるいは電気双極子能率という.電荷のかわりに磁気量が入れば磁気モーメントである.もし,電の位置に反対方向の力Fが入れば

(r1r2) × F
はトルク,すなわち,偶力のモーメントになる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーメント」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーメントの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation