@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モーラ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モーラ
mora
モラともいう。ラテン語韻律学において,1短音節の長さに相当する時間の単位をさす。1長音節は1短音節の2倍の長さをもつ。転じて,おもに日本語のかな1字 (子音短母音) に相当する時間的長さの単位をさすのに用いられる。ただし,拗音 (子音+半母音+短母音) はかなでキャ,ショのように書くが,やはり1モーラである。「」という学者もある。日本語 (東京方言など) は,この等時間的単位が和歌俳句を数える単位となっている。またアクセントにおいても大切な役割を果している。これと,(音韻的) 音節は別の概念である。[kona]/kona/ (粉) ,[ko:]/koo/ (甲) ,[koN]/koN/ () において,音節は,「粉」が2音節,他は1音節であるが,モーラは,いずれも2モーラである。撥音 (ン) ,促音 (ッ) ,長音 (ー) がそれ自身で1モーラをなすのが日本語の特徴であるが,日本語のなかでも方言により,モーラの認められないものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

モーラ(mora)
韻律学または音韻論上の単位。1短音節に相当するとされる音の長さ。「[zoː]」、「kan]」は音声学的には1音節であるが、2モーラとする。拍。音韻論的音節。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーラ(mola)
モラ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

モーラ Mora, Belchior de
?-1616 スペインの宣教師。
イエズス会士。天正(てんしょう)5年(1577)長崎来航。8年有馬セミナリヨ初代院長,下(しも)地区上長となる。のち長崎コレジヨの霊的指導司祭,管区顧問。慶長19年(1614)幕府禁教令マニラに追放され,1616年10月18日同地で死去。カラバカ出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

精選版 日本国語大辞典

モーラ
〘名〙 (mora) (言語音声について)音韻連続の長さの単位。現代の日本語では、五十音図のそれぞれのかな(濁・半濁音、拗音を含む)を一単位とし、それに長音、促音、撥音を加えて、一〇三種のモーラが標準的に数えられる。「はく(拍)」ともいう。また、一般に「音節」ともいうが、「音節」は音声学上の「シラブル」にもあてられ、音韻論上の考え方との間で混同されるおそれがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーラ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーラの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation