@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モール(Hugo von Mohl)【もーる】

日本大百科全書(ニッポニカ)

モール(Hugo von Mohl)
もーる
Hugo von Mohl
(1805―1872)

ドイツの植物学者。シュトゥットガルトの富裕な官吏の子として生まれる。チュービンゲン大学で医学を学んだが、植物の顕微鏡的研究に興味を抱き、ベルン大学で生理学を講じたのち、1835年チュービンゲン大学の植物学教授となる。植物細胞が分裂によって増殖することを明らかにした(1835)。また植物細胞の細胞壁の内側に粘性物質があることをみいだし、プロトプラズマProtoplasma(原形質)とよんだ(1846)。この語は、1839年にプルキンエがつくったものであるが、モール以後広く用いられるようになった。生涯独身で、死ぬまで教授職にあった。没後、その講座はホフマイスターに引き継がれた。長兄は公法学者、次兄はオリエント学者として知られている。

[檜木田辰彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モール(Hugo von Mohl)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モール(Hugo von Mohl)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation