@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

モーレショット

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

モーレショット
Moleschott, Jacob
[生]1822.8.9. スヘルトヘンボス
[没]1893.5.20. ローマ
オランダ生まれのドイツの生理学者,哲学者。モレスコットともいう。ハイデルベルク大学医学を修め,同大学講師となったが,唯物論的思想のゆえに追われた (1854) 。のちチューリヒ,トリノ,ローマ各大学の生理学教授。脳の活動すなわち思考は大脳皮質リンを含む脂肪が存在することによると主張し,人間は感覚的経験により物の認識を得るとした。また世界は物質の運動であり,一切は自然法則に従うという極端な唯物論を説いた。主著『植物と動物における新陳代謝の生理学』 Physiologie des Stoffwechsels in Pflanzen und Tieren (1851) ,『光と生命』 Licht und Leben (1856) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モーレショット」の用語解説はコトバンクが提供しています。

モーレショットの関連情報

関連キーワード

宇田川榕菴ベートーベングラントボードイン治宮ミュラー柏木如亭斎藤方策レジナイトシンプレクタイト組織

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation