@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤシガニ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤシガニ
Birgus latro; coconut crab; robber crab
軟甲綱十脚目オカヤドカリ科。沖縄県の八重山諸島ではマッカンまたはマッコンと呼ぶ。鹿児島県の与論島以南の熱帯太平洋,インド洋の島々に広く分布する陸生のヤドカリで,1属 1種。ヤドカリ類の最大種で,甲長 13cm,体重 1.3kgにも達する。腹部は短く,左右相称で背側は硬いが,腹側はやわらかく,左側にだけ 3対の腹肢がある。成体は巻貝(→巻貝類)に入ることなく鰓室膜で空気呼吸をする。幼生は海でプランクトン生活をする。また体長 2cmくらいまでの若い個体は陸上で巻貝に入って生活する。ココヤシなどの果肉を好んで食べるが,雑食性である。食用にして美味であるが,ときに中毒を起こすことがある。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤシガニ
やしがに / 椰子蟹
palm crab
coconut crab
robber crab
[学] Birgus latro

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目オカヤドカリ科に属する海産動物。沖縄ではアンマク、八重山(やえやま)列島ではマッカンとよぶ。与論島以南の西太平洋からインド洋の島々に広く分布し、ココヤシやタコノキなどが茂る海岸近くに穴居し、まれに木に登ることはあっても果実を切り落とすことはない。頭胸甲長13センチメートルに達するヤドカリ類の最大種で、腹部は短くて硬く、巻き貝を利用することはない。ただし、幼個体はオカヤドカリと同様に巻き貝に入る。鰓室(さいしつ)が左右に大きく膨らみ、頭胸甲全体として三角形を呈する。鰓室を裏打ちする膜質部で空気呼吸をすることができ、幼生を海に放つとき以外は海に入らない。幼生は海でプランクトン生活を送ってから陸へあがる。夜行性で、落ちているタコノキやヤシの実を好んで食べる。土地の人々の重要な動物タンパク源となっている。

[武田正倫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤシガニ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤシガニの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation