@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤダケ【やだけ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤダケ
やだけ / 矢竹
[学]Pseudosasa japonica (Sieb. et Zucc.) Makino
イネ科のタケササ類。高さ2~5メートル、径0.5~1.5センチメートル、上方で1節から通常1本ずつ枝を出す。竹の皮は堅く、伏した長毛を密生し、ざらざらしている。葉は披針(ひしん)形で長さ25~35センチメートル、幅約3センチメートル、先はしだいに長くとがり、革質で表面は光沢がある。葉鞘(ようしょう)の上縁部にまれに肩毛があるが、落ちやすい。本州から九州、および朝鮮半島に分布する。稈(かん)は節が低く、節間が長いため矢をつくるのに適すので矢竹の名があるが、竹の皮が落ちるのでタケ類ではなく、ササ類である。よく庭に植えられる。[鈴木貞雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤダケ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤダケの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation