@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤマブシタケ(山伏茸)【ヤマブシタケ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤマブシタケ(山伏茸)
ヤマブシタケ
Hericium erinaceus
ジョウゴタケ (上戸茸) ,ウサギタケ (兎茸) ,ハリセンボン (針千本) ともいう。担子菌類ヒダナシタケ目ハリタケ科。キノコ倒卵形ないし扁球形ので,ナラカシなどの広葉樹の枯れた樹幹に吊下がるようにつく。その側面と下面には長さ1~4cmの針が密に垂れ下がって生える。針は初め白色,のちに褐色になる。針の上には担子器を生じる。また上面には比較的短い毛が密生するが,初め白色,のちに淡黄色または淡褐色となる。この短毛には胞子を生じることはない。食用となる。日本全土にみられ,北アメリカ,ヨーロッパ,中国にも分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤマブシタケ(山伏茸)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤマブシタケ(山伏茸)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation