@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤリイカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤリイカ
Loligo bleekeri; spear squid
軟体動物門頭足綱ヤリイカ科。胴長 45cm,胴幅 6cmの細長い円錐状で,後端はとがる。は長い三角形状で,胴長の3分の2を占める。頭部は小さく,腕,触腕とも短い。北海道から九州,朝鮮半島南岸まで分布し,春に産卵のため海岸に接近したところを捕獲される。卵は長径 3mmほどで,30~60個を長い寒天質の袋に入れて海藻に産みつける。水産上の重要種で,ササイカサヤナガ,テナシ,テッポウ,ツツイカ,シャクハチなど多くの地方名がある。生食のほか,乾かして「笹するめ」を製する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

ヤリイカ
 [Loligo bleekeri].ツツイカ目ジンドウイカ科のイカで食用にする.40cmになる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤリイカ
やりいか / 槍烏賊
[学]Loligo bleekeri
軟体動物門頭足綱ジンドウイカ科のイカ。ササイカ、サヤナガ、テッポウ、ツツイカ、シャクハチイカ、テナシなどの地方名があり、水産業上重要なイカである。北海道から九州、インドネシアに分布する。外套(がいとう)(胴)長45センチメートル、幅6センチメートルに達する細長い円錐(えんすい)形で、後端はとがる。雌はやや小さく外套長30センチメートルであるが、幅は広い。ひれは長い三角形で、胴の3分の2に及ぶ。頭部は小さく、腕も短く弱々しい。春、産卵のため海岸に接近し漁獲される。卵は長径3ミリメートルで、30~60個を寒天質の卵嚢(らんのう)に入れて海藻や海底の岩礁に付着させる。生食のほか、乾燥して「笹(ささ)するめ」にする。[奥谷喬司]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤリイカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤリイカの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation