@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤンチョー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤンチョー
Jancsó Miklós
[生]1921.9.27. ブダペスト近郊バーツ
ハンガリーの映画監督。記録映画の監督を経て,1958年以降は劇映画を発表し,国際的にも注目されている。強国支配下のハンガリーの歴史的状況を,すぐれた様式美により描出している。主作品『狩りこみ』 Szegénylegények (1965) ,『赤と白』 Csillagosok,Katonák (67) ,『赤い聖歌』 Még Kér a nép (71) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ヤンチョー【Jancsó Miklós】
1921~  ハンガリーの映画監督。歴史的な題材を様式的な美のうちに描き出す。監督作品「密告の砦」「ハンガリア狂詩曲」「赤い聖歌」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤンチョー
やんちょー
Jancs Mikls
(1921― )
ハンガリーの映画監督。ブダペスト北方のバーツに生まれる。第二次世界大戦後の青年運動の活動家となるかたわら、映画芸術アカデミーに学び、短編を経て、1958年から長編映画をつくる。『密告(とりで)』(1965)、『赤と白』(1966)、『シロッコ』(1969)、『赤い聖詩』(1971)などハンガリーの近代史に取材し、カメラの長回しでどこまでも対象を追い続ける独特なスタイルがとくに西欧で高く評価された。リアリズムの一手法としてこのスタイルを洗練するうち、彼の作品はしだいに野外の舞踊劇のように様式化していき、『ハンガリアン・ラプソディー』『アレグロ・バルバロ』(ともに1979)というハンガリー近・現代史を横断する作品で頂点に達した。[出口丈人]

資料 監督作品一覧

密告の砦 Szegnylegnyek(1965)
赤と白 Csillagosok, katonk(1966)
シロッコ Sirokk(1969)
赤い聖詩 Mg kr a np(1971)
ハンガリアン狂詩曲 Magyar rapszdia(1979)
アレグロ・バルバロ Allegro barbaro(1979)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤンチョー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤンチョーの関連情報

関連キーワード

フォード(John Ford(1895―1973))帰山教正ヴェナイト内閣総理大臣安田善次郎フェン岩ダシュティーバンゼギーラーン共和国アフマートワ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation