@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤンネ アホネン

最新 世界スポーツ人名事典

ヤンネ アホネン
Janne Ahonen
スキー
スキー選手(ジャンプ)
生年月日:1977年5月11日
国籍:フィンランド
出生地:ラハティ
経歴:7歳でジャンプを始める。15歳だった1992年、W杯にデビュー。’93年16歳7カ月という史上3番目(当時)の若さでW杯初優勝。’94年世界ジュニア選手権で金メダルを獲得。16歳で出場したリレハンメル五輪はノーマルヒルで37位、ラージヒルで25位、団体で5位。’97年世界選手権ノーマルヒル金メダル、W杯総合3位。’98年W杯で総合優勝。長野五輪ではノーマルヒル4位、ラージヒル37位、団体5位とメダル獲得を逃す。’99年W杯総合2位。2002年ソルトレークシティ五輪は団体で銀メダル、ノーマルヒル4位、ラージヒル9位。2004年、2005年W杯総合優勝。2005年世界選手権ラージヒル金メダル。2006年トリノ五輪は団体で銀メダル、ノーマルヒル6位、ラージヒル9位。2008年1月伝統のジャンプ週間で史上最多の5度目の総合優勝を達成すると、競技意欲の低下を理由に同シーズン限りで現役を引退。しかし、2009年に現役復帰。2010年バンクーバー五輪では悲願の金メダル獲得を狙ったが、ノーマルヒル4位、ラージヒル31位に終わる。2011年2度目の引退を宣言するが、2013年7月国際大会に復帰。5度の五輪では成績を残していないが、W杯は2度の総合優勝、通算36勝(歴代4位)を記録。184センチ、66キロ。

出典:日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2016

ヤンネ アホネン
Janne Ahonen
職業・肩書
スキー選手(ジャンプ) ソルトレークシティ五輪・トリノ五輪スキー・ジャンプ団体銀メダリスト

国籍
フィンランド

生年月日
1977年5月11日

出生地
ラハティ

経歴
7歳でジャンプを始める。15歳だった1992年、W杯にデビュー。’93年16歳7ケ月という史上3番目(当時)の若さでW杯初優勝。’94年世界ジュニア選手権で金メダルを獲得。16歳で出場したリレハンメル五輪はノーマルヒルで37位、ラージヒルで25位、団体で5位。’97年世界選手権ノーマルヒル金メダル、W杯総合3位。’98年W杯で総合優勝。長野五輪ではノーマルヒル4位、ラージヒル37位、団体5位とメダル獲得を逃す。’99年W杯総合2位。2002年ソルトレークシティ五輪は団体で銀メダル、ノーマルヒル4位、ラージヒル9位。2004年、2005年W杯総合優勝。2005年世界選手権ラージヒル金メダル。2006年トリノ五輪は団体で銀メダル、ノーマルヒル6位、ラージヒル9位。2008年1月伝統のジャンプ週間で史上最多の5度目の総合優勝を達成すると、競技意欲の低下を理由に同シーズン限りで現役を引退。しかし、2009年に現役復帰。2010年バンクーバー五輪では悲願の金メダル獲得を狙ったが、ノーマルヒル4位、ラージヒル31位に終わる。2011年2度目の引退を宣言するが、2013年7月国際大会に復帰。5度の五輪では成績を残していないが、W杯は2度の総合優勝、通算36勝(歴代4位)を記録。184センチ、66キロ。

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤンネ アホネン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤンネ アホネンの関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門寺山修司オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)磁鉄鉱系列サイモン(Herbert Alexander Simon)那珂太郎山田洋次

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation