@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ヤンマ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ヤンマ
Aeschnidae; darner
トンボ目ヤンマ科に属する昆虫総称。一般に大型のトンボで,美しい色彩の種が多く,強大な飛翔力をもつ。複眼は一線をもって左右が相接し,下唇中片の中央に1対の小突起がある。翅は,前後とも三角室は横長で翅端方向に長く,中に小横脈がある。雄の後翅肛角が突き出る。雌は発達した産卵管をもち,普通植物組織内に産卵する。オニヤンマ科,ムカシヤンマ科,サナエトンボ科などと近縁で,日本にはギンヤンマなど約 20種が知られる。 (→トンボ類 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ヤンマ
やんま / 蜻蜓

昆虫綱トンボ目ヤンマ科Aeschnidaeの昆虫の総称。広義にはオニヤンマ科、ムカシヤンマ科を含め、ときに大形のサナエトンボ科の種類もそのようによぶことがある。狭義のヤンマ科の種類は、一般に体長60ミリメートル以上の大形昆虫で、複眼は背面で広く相接着し、その後方に小さい三角形の後頭背面部を残す。下唇の中片には裂け目はないが、中央に1対の小突起がある。腹節側縁には一般に側稜(りょう)があり、雌の第8、第9腹節には産卵管が発達する。前翅(ぜんし)と後翅の三角室はほぼ同形で翅端方向に長く、また雄の後翅肛角(こうかく)は突出する。

 ヤンマ科の代表はギンヤンマAnax parthenope juliusであるが、平地の池沼種であるため環境破壊によって著しく減少した。この種には海洋飛来性があり、熱帯産のオオギンヤンマとともに北上飛来し、とくにギンヤンマは北海道東部まで達する。ルリボシヤンマAeschna junceaは北方種であるが、関西地方、四国、九州では山地の池沼に限られる。カトリヤンマGynacantha japonicaは成虫の未熟の時代には薄暮と薄明に地表を群飛して摂食する。サラサヤンマOligoaeschna pryeriは小形種で低山地の湿地に育ち、5~6月ごろ短期間現れるが、本科のうち原始的なものと考えられる。アオヤンマ、ネアカヨシヤンマ、ヤブヤンマ、マルタンヤンマなどは平地種で、ごく小さい水域にも育つが、生息地の都市化によって全国的に著しく減少した。コシボソヤンマBoyeria maclachlaniとミルンヤンマは幼虫時代流水性で、前者は山麓(さんろく)地帯に、後者は山間の渓流に育つ。日本産のヤンマ科昆虫は琉球(りゅうきゅう)諸島のものを加えれば21種あり、いずれもよい環境の指標昆虫となるものである。

[朝比奈正二郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヤンマ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ヤンマの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation