@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユスキュダル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユスキュダル
Üsküdar
トルコのアジア側の陸地の西北端,大イスタンブール(→イスタンブール)の 5地区の一つ。古代ではクリュソポリスと呼ばれた。ボスポラス海峡を挟んでイスタンブールに対している。14世紀にはオスマン帝国領となり,アジア側の領土に対する攻勢拠点とされ,また 19世紀末のアナトリア鉄道敷設までは,シリアやアジア諸国からの隊商の道の終着地であった。市内には 1548年に建築家ミマール・シナンによって建てられたモスクセリム3世の大兵営,クリミア戦争フローレンスナイチンゲールが活躍した病院などがあり,典型的なトルコ風の町並みである。共同墓地にはクリミア戦争で戦死したイギリス兵 8000人の墓もある。南端にイスタンブール-バグダード鉄道始発駅がある。イスタンブール地区とはフェリー,ベイオール地区とはボスポラス海峡橋で結ばれる。人口 40万1398(1990推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ユスキュダル【Üsküdar】
トルコ西部,アナトリアの西端にある都市。旧名スクタリScutari。ボスポラス海峡を隔ててイスタンブールと相対し,現在は行政的にはイスタンブールの一地区に含まれる。人口39万6000(1990)。古くはギリシア植民市で,クリュソポリスChrysopolisの名で知られた。風光にすぐれ,商工業活動が盛ん。アナトリアを横断する鉄道(かつてのバグダード鉄道)の起点駅ハイダル・パシャ駅がある。クリミア戦争のときイギリス軍の基地が置かれ,ナイチンゲールが指揮した陸軍野戦病院が残っている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

デジタル大辞泉

ユスキュダル(Üsküdar)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ユスキュダル
ゆすきゅだる
Üsküdar

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユスキュダル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユスキュダルの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation