@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユスチヌス1世【ユスチヌスいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ユスチヌス1世
ユスチヌスいっせい
Justinus I
[生]450頃.ベデリアナ
[没]527.8.1.
ビザンチン皇帝 (在位 518~527) 。マケドニア農民の出身。アナスタシウス1世の近衛司令官となり,帝の死後元老院と首都コンスタンチノープルの住民に推され即位。キリスト単性論を否認し正統的信仰に帰って,ローマ教皇との 34年間にわたる対立 (アカキウスの分裂) を 519年終息させた。老年であったため養子である (のちのユスチニアヌス1世 ) に政治の実務を行わせていた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ユスチヌス1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユスチヌス1世の関連情報

関連キーワード

ユスティニアヌス[1世]鮭太郎・鱒次郎ユスティノス[1世]胆汁酸チトクロム駿河台大学オリジナルグッズアルコール関連疾患プロコピウス[カエサレアの]ペイシストラトスユスチニアヌス1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation