@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユスティニアヌス[1世]【ユスティニアヌス】

世界大百科事典 第2版

ユスティニアヌス[1世]【Justinianus I,Flavius Petrus Sabbatis】
483‐565
ビザンティン帝国の皇帝。在位527‐565年。マケドニアの農家出身。首都の近衛部隊長の叔父で後の皇帝ユスティノス1世養子となる。叔父がアナスタシオス帝の没後皇帝となるや(518),執政官(521),陸軍元帥(525)として政務を助け,共同皇帝に昇進し(527),同年叔父の死後即位,ユスティニアヌス朝(527‐602)を興す。ローマ帝国復興を政治目標に掲げ,北アフリカのバンダル族(534),イタリアの東ゴート族(552),イベリア半島西ゴート族(554)を破り,これらの地を帝国領とした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ユスティニアヌス[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユスティニアヌス[1世]の関連情報

関連キーワード

プロコピウス[カエサレアの]ユスティノス[1世]ペイシストラトスユスチニアヌス1世ユスチヌス1世闔閭シナイ半島テオドラヒッピアス(古代ギリシアの僭主)

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation