@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ユスティノス[1世]

世界大百科事典 第2版

ユスティノス[1世]【Justinos I】
450ころ‐527
ビザンティン帝国皇帝。在位518‐527年。マケドニア農民の出身でコンスタンティノープルの近衛部隊に入隊し,後に部隊長に昇進。アナスタシオス帝の死去により老齢かつ無教養ながら,他に適当な候補者がいないままに推挙を受け即位アビシニア(エチオピア)のアクスム王国との関係を開いたりもしたが,その9年の治政の最大の業績は正統信仰の確立であった。先帝の異端的傾向(単性論)を修正し,異端の迫害を開始。ローマ教皇ホルミスダスと和解,ゼノン帝の〈ヘノティコン(統一令)〉に端を発したローマ教会との断絶(アカキオスの分離)に終止符を打った(519)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ユスティノス[1世]」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ユスティノス[1世]の関連情報

関連キーワード

ユスティニアヌス[1世]鮭太郎・鱒次郎ユスチヌス1世胆汁酸チトクロム駿河台大学オリジナルグッズアルコール関連疾患プロコピウス[カエサレアの]ペイシストラトスユスチニアヌス1世

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation